大阪にも雪が降りました。

今回は、年末放浪記の更新ではなく、日常系の話を書きます。


 今週末は、関東では大雪でしたね。何十年ぶりというくらいの大雪でした。
 
 大阪市内は、関東のような大雪にはなりませんでしたが、一足早い7日の夜には2センチほどの雪が積もりました。


 この日は、昼前に起きて、いろいろあって、つるし倶楽部さんといっしょに車で出かけました。どこに行くかというプランを一切なしにとりあえず東へ向かいました。つるし倶楽部さんは神奈川の実家に帰る目的があるため、この日の最後はそうなる予定でのノープランです。

 昼過ぎはまだ天気も悪くなく、奈良を通って三重に入り、用事を済ませたあと、木曽川橋梁に行って鉄橋を渡る列車を撮っていました。

DSCF6413.jpg
ビデオカメラを買いました!


 今回は、中古で買ったビデオカメラで撮影していました。まだ、編集していないので、後日時間があれば公開する予定です。暗くなった後、名古屋のガストで夕飯を食べた後、神宮前で車を降りました。そして、名鉄に乗って名古屋駅に行き、JR名古屋駅の地下街の金券ショップで、名阪まる得切符を買って、20:30の特急で大阪に帰るとこに。本当は、横浜行きたかったのですが、次の日の都合で、帰阪。

 近鉄特急に乗っていると、名張あたりで雪が積もっていることに気が付きました。奈良県内はずっと雪が積もっていて、大阪に入ると積雪はかなり少なくなりました。

 大阪環状線に乗り換えるために鶴橋で降りると、大阪線の列車の前面に雪が。

DSCF6395.jpg
大阪線の準急


 着雪を見ていると、奈良線より、大阪線の列車のほうが着雪しているみたいでした。そして、大阪市内でもまとまった雪が降っていました。

 環状線のホームに行き、天王寺で降りると天王寺駅にも積雪が。

DSCF6400.jpg
201系


 オレンジの201に白い雪が着雪していました。環状線の列車は比較的着雪量が少なかったです。雪の尽きた201見れるのも、もしかしたらこれが最後になるかもしれませんね。環状線から引退するまでに雪の少ない大阪でこれくらいまとまった雪が降るのは、何回あるのでしょうか?

 阪和線のホームに移ると、205にも雪が。

DSCF6401.jpg
阪和線 205系


 大阪環状線以上に雪がついていました。
 駅を降りると、ポイントで火で温めていました。

DSCF6411.jpg
阪和線のポイント


 初めて、見ました。ポイントのところにこんな装置があるとは知りませんでした。普段雪が降らないので、こんな装置があるとは知りませんでした。普通、こういうのって水で融かすのに。



写真とは違う。ポイントの動画


 買ったばかりのビデオカメラがさっそく活躍。火が燃えているようすは動画じゃないとわかりにくいので。

 次の日、起きた時にはみぞれに変わっていて、雪は融けていました。昼には完全に雨に変わっていましたが、東京はすごい大雪になったみたいで。


 今回は、ここまでです。やっぱり、大阪ではなかなか雪降らないですね。

城北線に乗る

今回は、前回書いた明知鉄道に乗った日の午後に乗った城北線の話を書きます。

短編、シリーズなので、前回の話は基本的に関係ないです。出だしで少し触れますが。


 明知鉄道で、恵那に戻ってくると、12時を回っていました。朝、ゆっくりしていたのが原因なのですが。一日乗車券を持っているので、また乗って、どこか適当なところで降りるのも良かったのですが、18きっぷを生かせないのがもったいないと思い、とりあえず名古屋に戻ることに。

 快速列車に乗って、名古屋に向かう途中、東海交通事業の城北線に乗っていないことを思いだし、計画を立てました。こうなったら、この日は乗り初めとして、名古屋近辺で乗っていないところを乗る日にすることにし、草津線も(近郊?)乗ることにしました。実家には、20時過ぎに帰らねばならないので、時間も調べてみると、19:39には岐阜駅に戻ってこられるので、東海交通事業→関西本線→草津線→東海道本線のルートにしました。

 ただ、乗り継ぎがせわしなく、中央西線から城北線に乗り換えるときだけ時間がある状況。本当は久しぶりに、名古屋駅できしめんを食べようとしていただけにショック!

 ということで、中央西線と城北線の乗換駅である勝川駅で、お昼ご飯探しに。その前に、切符の購入。城北線は基本的にワンマン運転で乗車整理券をとって、後で払うのですが、枇杷島と勝川駅は駅で切符が売ってます。ただ、勝川駅は城北線の駅には券売機がなく、JRの勝川駅の券売機で切符が売ってます。なので、駅を降りてまず、切符を買いました。

 駅周辺は駅から見える範囲では、南側にファミリーマートがあるのと、北側にモスがあるくらいでした。城北線の勝川駅は、JRの勝川駅と少し離れているので、店に入って食べる時間はなさそうだったので、改札を出て階段を下りたとこにあるスーパー(マックスバリュー)で、おにぎりを購入。

 そして、城北線の勝川駅に向かう。
 駅の北側を出て、左手に進む。

DSCF6316.jpg
駅前のマンション


 この時点では、どこに城北線の勝川駅があるのか分かりませんでした。今、写真で見ると、写真の真ん中に階段が映ってます。このまま、線路沿いの道を進んでいくと、徐々に勝川駅らしきものが見えてきました。

DSCF6317.jpg
少し離れてところから見る城北線の勝川駅


 写真の左のコンクリートの柱に白い看板がありますが、そこに「→城北線 ←中央線」と書いてありました。ここに来る途中も、城北線の駅があるほうを示す看板がありました。このあたりから見ると、階段の下に柵があってあって、入れなさそうなのですが、白い柵あたりが入り口です。

DSCF6319.jpg
城北線、勝川駅・JR側の入り口


 ここまで、来るとここが入り口と分かります。そして、もう一つ分かるのが、階段を上ったら、すぐホームではないことです。白い屋根みたいなのが見えたのですが、これは駅の屋根ではなく、車庫と車両の整備場みたいです。
 ちなみに階段を登るところには、駅名版と時刻表がありました。

DSCF6320.jpg
駅名版と時刻表とJRの駅の案内


 とりあえず、階段を登ると通路が広がります。ここから、まだ駅まで遠そう。

DSCF6321.jpg
階版を昇ったあと


 100mくらい歩くと、駅のホームにたどり着きました。ここまで、JR勝川駅から10分弱です。乗り換えには、10分ほど必要です。

DSCF6322.jpg
再度、階段を上がってホーム


 発車時間まで、20分ほど時間があって、することもなく・・・に。とりあえず、駅を見回してみました。

DSCF6326.jpg
城北線のホームへの階段2


 城北線のホームにたどり着く、階段は一つだけではなく、もう一つありました。こっちは、階段登るとすぐホームですが、こうやって見ると以外と駅が高いです。この階段の下には、自販機がありました。正面の道路を右にあるいていくと、コンビニもありました。

DSCF6327.jpg
枇杷島方面からやって来たキハ11


 階段の反対側には、中央本線があるので、中央線を眺めていてもいいかもしれません。自分も、中央線の写真を撮っていたのですが、あまりいい写真は撮れず。そんなことをしていると、枇杷島方からキハ11が。
 勝川駅は、枇杷島方にも待避線が一つあり、そこにキハ11がいました。

DSCF6335.jpg
駅に到着したキハ11


 駅に着くと乗客を降ろして、ドアを閉めました。発車時間まで、ドアを閉めているのかなと思っていたら、駅を発車して、JR勝川駅方にある車庫?に入っていきました。そして、待避線にいたキハ11がホームに入ってきました。

DSCF6339.jpg
2014年1月用のヘッドマーク


 城北線は、月ごとにオリジナルヘッドマークをやっているみたいです。東海交通事業のHPに書いてありました。しかし、凧揚げは正月としても、梅は2、3月じゃないのか?それに、ウグイスも?

 外は、寒いので、とりあえず車内に入る。切符は買ってあるけど、念のため整理券もとりました。

DSCF6341.jpg
勝川駅、乗車時の乗車整理券


 城北線の乗車整理券が変わっているのは、それ自身が運賃表になっていることです。整理券はふつう、番号が書いてあって、運転席後ろの運賃表と番号を照らし合わせて、支払金額を知りますが、これは整理券とった時点で運賃がわかります。早めに、小銭を用意できて楽です。駅数が少ないから、なせることなのでしょうか?

 高架の線路を走るので、名古屋市内の中心部がよく見えます。肝心の写真を撮り忘れる失態をしました。すいません。枇杷島駅での下車は、車内で精算となります。そして、降車証明書(おそらく磁気対応)を渡されます。枇杷島駅は、JRと改札内でつながっているので、こうした対応なのでしょう。

 階段を上がって隣のホームに移動し、名古屋方面の普通に乗車。降りて、関西線のホームへ向かう途中、新幹線改札にたくさんの人だかりが。

 すでに、新幹線の運転は再開したとのニュースは見ていましたが、まだ名古屋駅は混乱状態でした。15時ごろのことです。

DSCF6343.jpg
運転は再開したが、いまだ表示は二時間以上の遅れのまま


 有人の改札や窓口は長蛇の列ができており、ディズニー○ンドかと思いました。JR東海のすごいところは決して、自動改札を開放して、人を通さないところです。多い時には、自動改札一台につき、一人いるくらい改札に人がいるのに、このときは一人も見かけず。どこにいった駅員!

 そして、多くの人が電光掲示板を見ていましたが、その中に全車自由席の表示が。

DSCF6345.jpg
のぞみ321号のみ、全車自由席。


 のぞみらしからぬ表示に始めは目を疑いました。そして、二時間来ないのぞみ。この電光掲示板は意味をなしていたのだろうか?もう少し状況を見る予定でしたが、乗る予定の関西線の列車の発車時間になったので、ホームに行くことに。


 この後は、ただ関西本線→草津線→東海道本線で岐阜に帰ってきたので割愛します。

 この日は、東海道新幹線のストップが話題になった一日でした。しかし、ローカル線と城北線は何事もなく走っていました。自分にとってはのどかな一日だったのですが、帰省などで影響を受けた人はお疲れ様でした。

 城北線も名古屋近郊ながら、ローカル線の雰囲気を味わえるいい路線でした。片道430円なので、なにかのついでに乗りに行っては。


 
 次回は、京都での初詣の話を書く予定です。引き続き、短編をよろしくお願いいたします。

明智鉄道に乗車

改めまして、新年明けましておめでとうございます。

年始は実家でごろごろしていて、ブログの更新を放置していましたが、再開していきます。
年明け最初の話は、トワイライトエクスプレスに乗っていった北海道の話を書く予定でしたが、年始に少し出かけたので短編の話を二つ書いていこうと思います。


 18きっぷが残り一回分余っていたので、岐阜の実家からどこか出かけようと考えて、そういえばまだ明知鉄道乗ったことないなと思い、乗りにいくことにしました。ちょうど、この1月3日の中日新聞の一面に、リニアの名古屋以西の駅のトップ記事の横に、岐阜県が県内の第三セクターへの老朽化設備等の更新用に補助金を増額する記事があったのも、明知鉄道に行ってみようと思ったきっかけです。←この要素はほぼ0に近いです。

 朝、とりあえず岐阜駅について、スマホで時間を調べると名古屋経由ならちょうど明智鉄道の列車に乗れそうだったので、名古屋行きの列車に乗り、名古屋から中津川行きの快速に乗車しました。車内で、フリーきっぷとかがあるかスマホで調べ、一日乗車券があるので、それを購入することにしました。値段は1,340円で、ちょうど恵那~明智(明知鉄道全区間)の往復と同じ値段です。ただ、問題があって、自分が乗った9:24発の快速中津川は恵那駅に10:28に到着して、明知鉄道が10:30発という二分乗換えなのです。二分で、そもそも乗り換えられるのかも分からず、一日乗車券が買えそうになければ、値段も同じなので普通にきっぷを買おうと思っていました。

 恵那駅に着くと、跨線橋を渡って三番線から駅舎のある一番線に移動。とりあえず、改札を出ようと有人改札へ向かったのですが(18きっぷなので)、窓口対応で駅員さんが改札に来ず、乗り換え改札ぽいのが途中見えたので、一番線ホームを長野側に進んでみました。そうすると、JRと明知鉄道の乗換改札があり、そこで一日乗車券も買えました。

 乗換改札では、運転士さんが切符の拝見しました。切符の購入は、窓口でしたが。切符を買うと、発車時間になったので、すぐに車内に入ると、JRの一番線に名古屋行の快速が着きました。31分着で、結局これの連絡をしてからの発車になりました。実際、一人乗り換えていました。発車時間は、30分ですが、暗黙に連絡しているのでしょうか。ちなみに、時間ぎりぎりの乗客は、切符を買わずに整理券をとっての支払いでした。
※今回は、JRを連絡しましたが、普段もそうなのかはわからないのであしからず

 発車し、少しJRと並走して、右に曲がると坂を上っていきます。途中には、のどかな風景が広がっていて、ローカル線っ感じがすごくしました。車内は、ロングシートでした。

DSCF6261.jpg
10:30発の列車、リニアラッピング


 約50分で明智駅に到着。途中、岩村駅で列車交換しました。 乗ってきた車両は、リニアの宣伝?ラッピングがしてある車両でした。駅に着くと、すぐに車両は、車庫に入りました。

DSCF6262.jpg
明智駅ホームから撮影


 構内には、SLがいました。明知鉄道には、SLがあるのですね。保存車なのだろうか?お正月だろうか国旗をかかげていました。

 駅の時刻表を見ると次の列車が約25分後に急行「大正ロマン2号」があったので、それに乗ることにし、それまで駅周辺を散策することに。駅舎のなかにあった案内板をもとに、駅の前の通りをまっすぐ歩いていきました。

DSCF6270.jpg
八王子神社から見た明智駅


 駅前の通りには、商店が並んでいました。しかし、正月ということもあってやってないのがほとんどでした。そして、歩いていくと八王子神社にあたりました。今回は、時間もないので、中には入らずに、右に曲がりました。その道に並ぶ建物はレトロな雰囲気の木造の建物で、歩いていくと石畳の道との交差路にたどり着きました。

 石畳の道を上ると、旧明智町役場がありました。

DSCF6275.jpg
旧明智町役場


 現在は、「大正村役場」になっていました。残念ながら、正月休みで中には入れず。普段は観光案内所なのだろうか?
 ちなみに、ここまでは歩いて約10分でした。

DSCF6276.jpg
大正村役場


 こだわってあったのは、年号が大正になっていて、「大正102年」になっていました。また、この周りはレトロな建物が建っているので、雰囲気がいいです。この石畳をさらに進むと大正村があるみたいですが、たぶんお正月休みかなと思い、行くのを断念。本当は、急行に乗ることを優先し、駅に戻ることにしました。明智になにがあるかは、恵那市観光協会を見てください。他にもっと詳しいサイトあるかもですが。

 石畳を下って、駅の方へ進んでいきました。

DSCF6279.jpg
大正路地


 この通りは、かつての旧家が通り沿いにありました。この通りを抜けると、広場にたどり着きました。ここでは、食べ物を売っているお店があり、五平餅など地元の名産品も売っていました。この広場の反対側には、スーパーもあり買い物もできます。

 駅に戻ると、駅前にバスが止まっていました。バスの行き先は、瑞浪駅でした。明智から瑞浪まで、バスで出れるのですね。興味が、そそられましたが、一日乗車券買ってしまったので、明智鉄道で帰ることに。

DSCF6287.jpg
明智駅


 明智駅駅舎内では、明智鉄道のグッツや商品が売っていました。自分は、500円のお楽しみ硬券セットを一つ購入しました。中身は、直近の硬券が基本入っていました。明知鉄道は、現在も硬券なので、その使用済み硬券が基本入っていました。珍しい?ものでは、明知鉄道開業記念きっぷや、補充券が入っていました。

 発車時間、5分前になったので、ホームに入って撮影。ヘッドマークも掲げていました。

DSCF6294.jpg
急行大正ロマン号のヘッドマーク


 ヘッドマークには、女の子の絵が描いてありました。 大正風なイラストです。列車は急行ですが、急行料金は必要ありません。国鉄からの転換線で、無料の急行って、もしかしたここだけじゃないでしょうか?
 そして、車両は

 ここでいったんCMです。

DSCF6295.jpg
岐阜県に、本部があるバロー


 バローを 「検索 検索ぅー」

 ではなく、東農に本社があるバローのラッピングです。さっき書いたスーパーもバローです。

 乗客は初め3人でした。雰囲気的に明知鉄道乗りに来た人でした。正月なので、乗客が少なかったのでしょうか?ちなみに急行だからといって早いわけでなく、所要時間は普通列車とほとんど変わりません。


 明知鉄道は名古屋から比較的近く、のどかなローカル線を味わえます。今回は、おりませんでしたが、急こう配な駅など明知鉄道自体にも魅力がありますし、明知の街並みもよく散歩するにはいいんじゃないでしょうか。



 次は、明知鉄道のあとに乗った城北線について書きます。では。

今年を振り返る2013年~下半期~

今年を振り返る2013年の続きです。

相変わらず、鉄道ネタで話を書きます。すいません。あっ、少しだけアニメ系のネタも。

まずは、ホリデー快速鎌倉から115系が引退しました。

DSCF2651.jpg
武蔵野線のどっかでとった(すいません忘れました)
 

 武蔵野貨物線を乗りたいときに乗っていた列車です。一部最終日に騒いでる人がいたとかいないとか。

 
 そして、アニメの舞台になった竹原。実際に町にはいってないのですが。

DSCF2712.jpg

一番驚いたのは、放送局の中にNHK広島があったことですね。今年はたまゆらのみならず、のんびりしたアニメが流行ったような気がします。


 さて、竹原の駅名版を撮ったのは、九州に行く途中でしたが、九州では面白い復活がありました。引退のニュースが多い中で(特にこの記事)明るい話題です。

DSCF3082.jpg
高千穂鉄橋より


 それは、高千穂鉄橋を再び渡れるようになってことです。軽トラを改造したものですが、逆に荷台から見る風景は絶景でした。


 これは、今年?ですが、俺いもラッピングの千葉モノレール。

DSCF3681.jpg
分かる人にはわかるところです。


 車内で放送を聞きましたが、「痛かった」です。途中、私には車内にいるのが耐えられなくなっていきました。ちなみにまだ、放送はやっているみたいです。延長したので。


 ここからは大阪ネタ(鉄道)が二つ。
 大阪市営地下鉄110周年企画の復刻塗装が走り始めました。谷町線から30系が引退もしましたが。

DSCF4071.jpg
南方より


 それから、阪和線でオレンジが走りました。

DSCF4087.jpg
天王寺駅にて


 走り始めたときは多くの人が追いかけていたのでは?


 そして、最後はひたち50周年号

DSCF4223.jpg
掲載済み

 
 これは、すでにブログにアップしているので、「関東遠征記」を読んでください。


 今年もいろいろありましたが、こうして無事ブログを始められてよかったです。まだまだ、内容に至らないところが多いですが、100以上のアクセスをいただいてほんとうにありがたいです。


 よいお年を。

今年を振り返る2013年~上半期~

 今年も、旅行をいくらかした年でしたが、自分の中の大ニュースとしては、こうしてブログを始めれたことです。PC(IT)が苦手な自分にとっては、ずっと始めよう、始めようと思って、始めれなかったのがこうして始められて、うれしかったです。

 旅行記を中心とした振り返りをしたいのですが、時間の都合で省略します。今回は、鉄道を中心に管理人(ながら)自身の2013年の振り返りをしていこうと思います。もし、時間がありましたら、お付き合いください。



 ということで、ながらのかってな今年の振り返り始めていきます。

 最初の話題はこちらです。

DSCF0138.jpg
大阪駅を発車する最終の臨時「きたぐに」


 昨年、廃止になって、臨時化された「きたぐに」、「日本海」といった大阪発の夜行列車も一年で、臨時設定が終わりました。ここ数年は、二年走って、終わりというのもあったので、もう一年続くかと思ったのですが、一年で終わりました。きたぐになんかは、「ムーンライト」以外に初めて乗った夜行列車でしたし、「日本海」も初めて乗った寝台列車っで、名残惜しかったです。

 臨時最終日だったのですが、定期最終日と違って、落ち着いた最終日でした。


 鉄道旅行をする私にとって今年一番、困ったのは「周遊券」の廃止です。基本的に、すべて鉄道で旅行する私にとっては周遊券は必須でした。特に、行きかえりに「寝台列車」や「新幹線」を使うときは学割で乗車券が三割引きになるのがありがたかったです。ぜひ、復活してほしい。

DSCF0290.jpg
 北海道に行くために使った「周遊券」 自分にとって最後の発行


 最後の発行の「周遊券」が途中経路多すぎて、補充券になってしまいました。しかも、再度途中経路を変更したため、原券と変更後の券がホッチキスでとめられましたw。


 「周遊券」の他に、今年はオレンジカードもなくなりましたね。

DSCF0532.jpg
札幌駅のオレンジカードの券売機


 私自身、オレンジカードは集めてなかったのですが、時刻表に載っているのも今年で終わりかと思うとさびしかったです。


 そして、これは今年ではないのですが、私にとっては毎年恒例?の初音ミク電車。
 
DSCF0792.jpg
西15丁目付近の交差点より


 北海道に行くとわざわざ撮りに行く、あほな気がする。
 アップの写真も掲載。一番かわいかった「ミク」を載せました。←個人の中でです。
 
DSCF0553.jpg
Ver2012年度 かわいい!


 そして、徐々に数を減らしつつあるE3系(こまち用)。小学生のころに電車でGO2!でよく運転していました。それもついに引退です。

DSCF0973.jpg
大曲駅で撮影 E3系


 そして、今年のダイヤ改正でひたちから引退する予定だった「651系」。

DSCF1100.jpg
いわき駅にて撮影


 子供のころあこがれたJR第一世代の特急が廃止になっていくのがつらい。しかし、また暫定的とはいえ復活するとは。


 そして、もう一つ。今年引退したしなの鉄道の169系。

DSCF1285.jpg
軽井沢駅にて撮影

 急行型の列車もどんどん数を減らしていくな・・・。


 またまた、引退の話ですが、タンゴエクスプローラー。

DSCF1391.jpg
豊岡駅にて


 これも、いつの間にか引退に。でも、これ意外と一番前に座っても前面展望できない。やや見にくかった。そして、運転士さんも名残惜しいのか撮影していました。


 上半期の振り返りは後半は引退シリーズになってしまいました。他にも東海色の117系や西の183系など。鉄道ネタばかりで申し訳ないですが、簡単に写真で振り返ってみました。


 今年の後半は「今年を振り返る2013年~下半期」に続きます。
プロフィール

ながら

Author:ながら
旅行が趣味の社畜です。国内を休みがあるとたまにふらふらしています。

自己紹介などについては、
当ブログについて
をご覧ください。

アニ旅についてはこちら
をご覧ください。

Twitterやってます。
「ながらブログ@NagaraBlog」でブログの更新情報をツイートしてます。
ブログは不定期更新ですので、
フォローお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログへ 鉄道コム

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
ツイッター
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる