スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎旅行2016~池島炭鉱(前編)~

2016年12月3日の話

今回の長崎旅行の目的の1つがこの記事の池島炭鉱です。

池島はちょうど、佐世保市と長崎市の中間に位置します。池島へは大瀬戸や神浦からフェリーで、アクセスするのが基本です。フェリー乗り場へは乗り換えが必要になることもありますが、長崎や佐世保からバスが出ています。約2時間くらいです。

IMG_6790.jpg

長崎では、世界遺産にも選ばれた軍艦島が有名ですが、今回は上記のような観光地から遠い池島にあえて行きました。あまり知名度が高いところとは思いませんが、炭鉱時代の雰囲気が残る島を自由にめぐることができるので、そこが軍艦島よりいいところです。
さて、そんな池島へ今回は佐世保からフェリーで行きました。上記で書いたアクセスルートを全く無視していますが、上記以外のフェリーは佐世保だけです。ただし、佐世保のフェリーは本数が非常に少ないです。1日2本です。

IMG_6651.jpg

フェリーは佐世保港新港桟橋から出ており、朝の便は7:22発です。
船内はこんな感じで、多くの人が乗船できる船でした。

IMG_6656.jpg

写真を見ると、自分しか乗っていないようですが、池島までもう一人乗っていました。後述しますが、もう一人は貸し自転車屋のお店の人でした。佐世保で前日用事があったみたいで・・・。
途中の大島までは10人以上乗っていました。土曜日だったからかと思いますが、大島には大島造船があり、平日は通勤客であふれるのでしょうか。船も1時間に1本、大島に出ています。

IMG_6667.jpg

到着した池島のフェリーターミナルです。もともと、池だったところを開削して、入り江としたようです。

IMG_6665.jpg

フェリーを降りると、池島の歴史と案内地図の2つがありました。さらに、写真の奥に写っていますが、コミュニティーバスも走っています。池島炭鉱の見学コースがあるのですが、10:30からなので、フェリーがついてから、2時間あるので、今回は案内看板にあるみなと亭に自転車を借りに行きました。

IMG_6666.jpg

フェリーを降りて歩くと、マンション群が見えてきます。島の街区の1つです。この地区に、「みなと停」があります。夜は飲食店をやっている雰囲気でした。

IMG_6669.jpg

前述のとおりですが、ご夫婦が経営されている店のようで、この日も前日は用事があって島外に出ていたみたいで、必ず自転車が借りれるとは限らないので、注意してください。ちなみに、このお店池島炭鉱見学コースのお弁当も作っているみたいで、前日の申し込み時にお店が本日休みで、お弁当買ってきてくださいと言われていたのですが、自転車を借りる時に、見学コースの申込者か聞かれ、お弁当注文できなかったことを言ったら当日注文を受け付けてくれました。もし、お弁当の注文を忘れたら、このお店に直接朝行ってみるのもありかもしれません。

貸自転車ですが、電動自転車とありますが、最初島で電動と思いましたが、坂がきついです。坂が多い島と言うわけでなく、この港がある地区と、メイン地区の2つの間に高低差があり、坂を上がるのがじんどいです。そのため、今回自転車でふらふらしましたが、コミュニティーバスに乗るのもありだと思いました。1時間に1本以上あり、有名な8階建アパートまで行けます。

IMG_6673.jpg

高台にあるメインの地区には郵便局や公民館などがあり、宿泊可能な施設もあります。時間があれば、泊まりたかったです。
寂れていましたが、かつての繁華街のようなものも・・・。

さらに自転車をこぎ続けると、信号機が!おそらく党内唯一の信号機です。

IMG_6674.jpg

信号機は小学校前にあります。

IMG_6675.jpg

離島にある信号教育用にあるみたいです。ただ、この小学校もすでに廃校となっています。ただ、数年前に廃校になったばかりなので、まだきれいに残っています。

IMG_6734.jpg

炭鉱の町ということもあり、銭湯もありました。ちなみに、池島にはここだけでなく、先ほどの港の地区にも銭湯があります。夕方から営業しているみたいなので、時間がある方はぜひ。

さてさて、今回の池島観光の1つ8階建てアパートです。

IMG_6681.jpg

右に写っている小屋はバス停です。ここが一番港から遠いです。なので、船を降りてから、ここまでバスで来て、観光すると言う方法もあります。バスなら、100円です。
軍艦島に比べると劣るのかも入れませんが、この小さな島にこうした8階建アパートが立ち並んでいるのは壮観です。また、このアパートが面白いのは島の高低差を利用したところです。8階建という高層アパートですが、エレベータはありません。そのため、反対側の通りからもアパートに入れるようになっています。

IMG_6711.jpg

反対側の通りから見た景色です。ちょうと、反対側が4階と同じ高さになっており、こちら側からも出入りできるようになっています。仕事場となる炭鉱へはこの通りから行き来するので、イメージは地下4階と地上4階建てのイメージです。
残念ながら、中には入れないんですよね・・・。

IMG_6725.jpg

アパート群の一角に、海、炭鉱への入り口があります。文字が薄くなっていますが、安全第一の文字があります。

IMG_6720.jpg

前編最後はメインの地区のショッピングセンターです。
ここでは買いものだけでなく、ご飯も食べれます。この島でお昼ご飯を食べる際には立ち寄ってみてください。

IMG_6719.jpg

お店にはアイマスの絵が!!!
こんなところで、アイマスの絵に出会えるなんて・・・。

炭鉱見学が始まるまでの、2時間弱でしたが十分島内めぐりを楽しめました。
ただ、じっくり見ようと思うと丸1日いれると思います。アクセスにも時間がかかるので、1日かかる前提で来るのがいいと思います。

池島炭鉱の前編は以上です。
次は後編として、池島炭鉱見学ツアーの話を書きます。よければ、読んでください。

それでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ながら

Author:ながら
旅行が趣味の社畜です。国内を休みがあるとたまにふらふらしています。

自己紹介などについては、
当ブログについて
をご覧ください。

アニ旅についてはこちら
をご覧ください。

Twitterやってます。
「ながらブログ@NagaraBlog」でブログの更新情報をツイートしてます。
ブログは不定期更新ですので、
フォローお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログへ 鉄道コム

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
ツイッター
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。