スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長岡花火大会2014 二日目

2014年8月3日の話

 8月の3~7日にかけて、新潟→長野→岐阜→長野→富山→石川の順に回ったお話をシリーズで書いていくもののほぼ全編短編集みたいな感じになるので、途中から読んでいただいて大丈夫です。


 初回は長岡花火大会の話

大阪から新潟(長岡駅)へ

 大阪市内からレンタカーを借りて、新潟(長岡)へ向かいました。今回は、大学のゼミのメンバー6人と言ったので、初めてやや大きめの車、日産のラフェスタを運転しました。一応、7人乗りの車なのですが、一泊分に荷物が6人分あると少し手狭でした。OME車で、松田の車とあって、運転はしやすかったですが、内装がやっぱりいまいちでした。ドリンクフォルダーが使いやすいところにほしい。

 ドライブルートは、阪神高速→近畿道→第二京阪→国道1号→湖西バイパス→敦賀IC~上越ICまで北陸道→国道8号で柏崎駅まで行きました。7時に堺駅を出たのですが、途中湖西バイパスの二車線から一車線になるところの渋滞のため、新潟の柏崎駅に着くのが、16:30ごろになってしまいました。

 柏崎駅の南口にある駅利用者駐車場に車を止めて、駅へ移動しました。柏崎駅の駅駐車場を利用する際は、車のナンバーと駐車場所の番号を駅の改札窓口で申告したら、一日300円で利用できます。事前に受付を済ませるため、利用時に窓口が空いている必要があります。

 柏崎駅から列車に乗って移動。混雑はあるものの定刻通り長岡駅に着きました。


長岡駅から花火会場へ

 駅で事前にお手洗いを済ませておくことにしたのですが、男性トイレはさほど待ち時間がないものの、女性トイレは30分以上の待ち時間でした。(17:30ごろ)

 今回は有料観覧席を事前にとっていたため、右岸に移動します。駅からバスが出ているものの、歩いても20分ほどなので、歩きました。今回はフェニックス席という席を確保していましたが、駅から斜め右方面に移動します。駅前には大通りがあり、そのまま進むと道は分かりやすく楽なのですが、非常に混雑するためできるだけ堤防に上がる前に席があるところへ移動しておいてから、堤防に上がるのがおすすめです。


花火会場なぅ

 有料観覧席のチケットを見せて、会場内に入るとフェニックス席はブルーシートがひいてあって、区画ごとの自由席になっていました。自由席だし混みこみかなと思ったのですが、足を延ばせる程度には余裕がある広い席でした。

DSCF8028.jpg
フェニックス席


 席に座って少し経つと、花火開始時間になり、一発ずつ打ちあがりました。

DSCF8032.jpg
慰霊と平和への祈り(10号5発)


 初めに平和への祈りの花火が打ち上げられます。そして、19:30に始まります。

 花火は基本、スポンサーごとのスターマインになっていて、スポンサー名と広告が入ってから花火が打ち上げられます。会場にいるとなかなか聞こえませんが、FM三尺玉で聞くことができ、各花火の特徴なんかも教えてくれるので、見どころがわかります。

 スマホがあれば、無料でラジオが聞けるアプリがあるので、それをDLするといいですよ。

DSCF8034.jpg
開始のナイアガラ


 そのころには日が暮れるので、大火のごとく、燃え上がった風景が見えます。ただ、フェニックス席だとナイアガラは遠くて、やや見づらいですね。

 各種特色のある花火を見ながら、時間が進む。

DSCF8063.jpg
花火


 この花火大会のメインは二種四回あると思います。その一つがフェニックススターマインです。

DSCF8079.jpg
フェニックススターマイン1

DSCF8082.jpg
フェニックススターマイン2


 信濃川をうまく活用し、横一面に一斉に花火が打ちあがります。打ち上げ前にはカウントダウンがあり、一緒にカウントするとき気分も一層盛り上がります。写真はとりあえずとりましたが、場所的にフレームには収まらず。
 フェニックス席からはちょうど、このフェニックスと言われるスターマインが非常にきれいに見れます。

 そして、写真はないですが、もう一つの目玉が正三尺で、三尺玉が夜空に大輪の花を咲かせます。

 花火は最後まで飽きさせることなく、終わりました。

 最後は、みなさん立ってペンライトのようにスマホの画面を振っていました。「ありがとー」って言葉も会場内に響き渡っていました。


花火会場から宿へ

 ここまでは非常に良かったのですが、最後の最後に問題が。花火開始前に隣駅で起きた人身事故の影響が残っており、花火終了後も運転が見合わせのままでした。JRからは何の案内もなく、2時間半ほど駅の外で待たされました。多くの人が駅の外で待っているにも関わらず、一切の情報がなかったため、一時は暴動でも起こるかのような非難の嵐も起きましたが、最後はなんとか列車が動き柏崎駅へ戻れました。

 列車はくびき野6号でしたが、まさかの車両がMえちご用の485系で長岡駅が23時ごろ発車ということもあり、気分は久しぶりにMえちごに乗れたような気分でした。最後の最後にちょっとした幸運が。

DSCF8114.jpg
485系 国鉄色


 柏崎駅から1時間半ほど走り、2時過ぎには宿に着きました。宿の方が、ニュースで人身事故のことを知っていたらしく遅いチェックインでも快く受け入れていただけたのは非常にありがたかったです。ちなみに泊まった宿はロッジ「あめのうお」さんには感謝です。

今回はここまでです。

 長岡の花火大会は迫力があり、最後まで飽きずに見れる楽しい花火大会でした。最後の最後に人身事故の運転見合わせで大変な思いをしましたが、楽しかったです。JRは人身事故は仕方ないにしてもせめて少しでも現状の報告をしたら、誰も怒らなかっただろうに、黙秘のように何も情報を発しなかったのは対応が悪かったですね。

 それでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ながら

Author:ながら
旅行が趣味の社畜です。国内を休みがあるとたまにふらふらしています。

自己紹介などについては、
当ブログについて
をご覧ください。

アニ旅についてはこちら
をご覧ください。

Twitterやってます。
「ながらブログ@NagaraBlog」でブログの更新情報をツイートしてます。
ブログは不定期更新ですので、
フォローお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログへ 鉄道コム

カレンダー
11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
ツイッター
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。