スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末放浪2013~津軽海峡編4~12

12月25日の話。津軽海峡線巡りをする話の4 章で、知内駅の話。

年末放浪2013~トワイライトエクスプレス乗車記上~1」が初めの記事です。
年末放浪2013~津軽海峡編1~10」が津軽海峡編の始めです。


 今回で津軽海峡線の駅めぐりの最後の話です。前回、知内駅から白鳥93号に乗って、知内駅で降りたこところで話は終わりましたので、その続きから書きていきます。

DSCF5353.jpg
知内駅 ホーム


 この駅も2014年3月15日には廃止になる駅です。私が降りたときも4人だけでした。乗客がいたかは不明です。駅の裏(函館側ホーム)からは雄大な自然が広がっています。

DSCF5351.jpg
知内駅 風景


 青森方に跨線橋があるので、渡って駅の出口に向かいます。

DSCF5363.jpg
知内駅 待合室


 階段を下りると、角を曲がるとパイプ椅子が並べてあります。ここが待合室になっているみたいです。ホームにはありませんでした。ここを抜けると出口です。

DSCF5361.jpg
知内駅 出口


 正面に扉があるので、それが出口のように一見見えるのですが、これは物産館(道の駅知内)の入口です。もちろん、ここからも出られますが、写真は切れてて見づらいですが、右の扉が出口です。

DSCF5360.jpg
知内駅


 右の扉の出口から出ると、ここに出ます。灰皿がおいてあるので、おそらくここが唯一の喫煙場ではないかと思います。そして、横にあるのが道の駅知内です。

DSCF5355.jpg
道の駅 知内


 中に売店があって、いろいろ売ってます。特産品も売っていましたが、全体的にこじんまりした売店です。

DSCF5474.jpg
しりうち鉄道クッキー


 売店で商品を見ているときに見つけたもの。思わず二つ購入しました。値段は忘れましたがそんなに高くなかったはず。

DSCF5357.jpg
公衆トイレ


 お手洗いはそとのこの建物にあります。

 知内駅は一日二往復しか列車が来ないので、このあたりの主要駅にあたる木古内駅との行き来はバスの方が便利です。函館バスが運転していますが、HPなどの時刻表を公開していないので、乗られる際は気を付けてください。

 知内駅のバス停は駅前ではなく、目の前の国道にあるバス停にバスが止まります。

DSCF5356.jpg
知内駅 バス停


 駅から見るとバス停はこんな感じ。歩いて3分くらいです。ちなみに、特急白鳥93号到着後すぐに木古内行のバスが来ます。他の降車客はこのバスに乗っていきました。

 私たちは、上記で書いたように物産館などで買い物したり、駅の写真を撮るために一本後のバスにしました。

 さすがに駅を降りて、1時間もするとすることがなくなるので、バス停で待っていたら、時間通りにバスが来ました。一日三往復走る快速松前号です。このバスはネットで検索すれば、時刻表や値段が出てくるので、私もあらかじめ検索に出たこちらのバスで予定を組んでいました。

 この後、乗る江差線はこのバスでも十分間に合うのでそうしていました。

 今回はここまでです。

 次回はこの快速松前号と木古内駅の話を書きます。

 それでは。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ながら

Author:ながら
旅行が趣味の社畜です。国内を休みがあるとたまにふらふらしています。

自己紹介などについては、
当ブログについて
をご覧ください。

アニ旅についてはこちら
をご覧ください。

Twitterやってます。
「ながらブログ@NagaraBlog」でブログの更新情報をツイートしてます。
ブログは不定期更新ですので、
フォローお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログへ 鉄道コム

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
ツイッター
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。