スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年GW 尾道でかみちゅ!2

5月4日の話

 前回に引き続きアニメ「かみちゅ!」をメインに据え置きながら、尾道の観光について書いていきます。

 尾道は北側から山、平地、海、島と駅周辺の狭い空間だけでもバリエーションに富んだ土地になっています。前回の記事「2014年GW 尾道でかみちゅ!」では、その中でも海や島(向島)の話をメインに書きましたが、今回は山と平地部分をメインに書いていきます。

「坂の町」というのは、日本各地にありますが、尾道もその一つです。

DSCF6849.jpg
尾道の風景1


 その象徴がこの風景かなと思います。アニメ「かみちゅ!」でもこの風景が出てきますが、このカットは尾道の観光のポスターに使われるなどしています。

 基本的に尾道の坂を上っていくと、「千光寺」にたどり着きます。その風景が前回の記事の最初の写真になるのですが、その途中、途中の坂にもいろいろと味わい?があって、坂めぐりをすると楽しいと思います。

DSCF6843.jpg
尾道の風景2


 例えば、OPに出てくるこの坂は五叉路になっています。いろいろ歩いているとこういった階段を見つけることができます。
 また、山の麓にはJR山陽本線が並走しているので、海側からは線路を超える必要があります。

DSCF6854.jpg
尾道の風景3


 線路を超える道は大きく三種類あって、一つは写真のような踏切です。残りの二つは、陸橋と地下道です。 ちなみにこのカットもアニメに出てくる風景です。

 また、階段からは街並みがところどころ見えます。写真は駅の北側にある小学校です。

DSCF6874.jpg
尾道の風景4


 街並みとは関係ないですが、アニメ「かみちゅ!」に出てくるゆりえ達が通う学校です。この写真の屋上は、書道部があったり、空を飛んだりといろいろと登場する学校の屋上です。

DSCF6879.jpg
尾道の風景5


 また、こんな階段道もあります。家々の合間を縫うように階段があります。ここを登っていくと、

DSCF6883.jpg
尾道の風景6


 畑にたどり着きます。ここは貧乏神襲来!?の前に四葉のクローバーを探していたところですね。ここをさらに上がると尾道城にたどり着きます。

 坂ばかり紹介してもしょうがないので、最後に平地部分を。
 尾道の駅の東側は海と山に囲まれ、低地部分が少ないです。その平地部分を、JR山陽本線や国道二号線、そして商店街があります。

DSCF6864.jpg
尾道の風景7


 尾道駅前から、ロープウェー乗り場にかけて商店街が連なっているのですが、ゴールデンウィークということもあり、混んでいました。

 また、商店街の裏側の道はまさに裏路地というような道になっていました。

DSCF6868.jpg
尾道の風景8


 「かみちゅ!」でも、町の中を探索するときにこうした路地も出てきますね。たまに、路地の家々の中にお店があり、おしゃれ?なお店もあります。


 今回はここまでです。
 今回は尾道をアニメ「かみちゅ!」の視点から回ってみたのですが、尾道の良さを十分味わえたのではないのかなと思います。もちろん、アニメ「かみちゅ!」視点だけでは、尾道の全ての名所を回れるわけではないですが、尾道観光をどうしようか迷ったら、一つのルートとして選んでもいいのかなと思います。可能ならば、アニメも合わせてみるともっと楽しくなるのかなと思います。

 次回は、尾道で撮った鉄道写真の話を少し書きます。それでは。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ながら

Author:ながら
旅行が趣味の社畜です。国内を休みがあるとたまにふらふらしています。

自己紹介などについては、
当ブログについて
をご覧ください。

アニ旅についてはこちら
をご覧ください。

Twitterやってます。
「ながらブログ@NagaraBlog」でブログの更新情報をツイートしてます。
ブログは不定期更新ですので、
フォローお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログへ 鉄道コム

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
ツイッター
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。