2014年GW 尾道でかみちゅ!

5月4日の話

 10年くらい前のアニメで、「かみちゅ!」という作品があるのですが、今年の4月に、たまたまレンタルビデオ屋でDVDを借りてみました。かみちゅとは「神様で中学生」の略で、主人公の一橋ゆりえがある日突然神様になったあたりから作品が始まる昭和情緒ある作品です。また、この作品は架空の町「日の出町」を舞台にしていますが、尾道市内が随所に再現されています。

 この作品が気に入ってしまったのと、尾道には前から行ってみたかったことも合わさって、GWに行くことにしました。

 今回の記事はアニメ「かみちゅ!」の話題も入れながら話を書いていこうと思いますが、アニメのカットに出てくるところは普通に観光として回る分にもいいところなので、「かみちゅ!」に興味がないという方は、「かみちゅ!」に関する話題をスルーして読んでいただけるとうれしいです。

DSCF6802.jpg
しまなみ街道 新尾道大橋


 アニメのOPにも出てくる尾道の町並みと新尾道大橋です。この写真を見ると川に見えますが、尾道は対岸に向島という大きな島があるのが特徴です。写真の橋は、四国は今治に通じるしまなみ街道の橋です。そして、対岸の向島には造船所などがいくつかあります。

DSCF6810.jpg
JFE商事 造船加工


 写真はJFEの造船加工所みたいです。他にも日立造船の向島造船所など海の町というのが山の上からうかがえます。写真は千光寺がある山から撮ったものです。このあと、出てくる階段の写真はその途中にあるものです。

 また、対岸の向島へは先ほどの橋よりも、渡船のほうが一般的です。渡船は全部で3つあります。その中でもアニメで登場するのは福本渡船です。

DSCF6899.jpg
福本渡船1


 アニメだとフェリー乗り場の看板の下に「神様御用達」の垂れ幕があるのが個人的に好きです。福本渡船は距離も一番短く運賃も60円と一番安いです。ちょうど、駅と商工会議所の中間くらいにあります。

DSCF6902.jpg
福本渡船2


 アニメだと、船からゆりえたちが自転車を押して降りてきます。船の真ん中は、自動車や二輪車用で、人は端っこに乗ります。短い航路ですが、海風を60円で感じられると思えば、乗る価値ありです。

DSCF6832.jpg
福本渡船 向島渡場


 向島で降りる際に運賃を支払います。横に川があり、少し奥まで歩いていくと、別の船乗り場にたどり着きます。こちらは向島運航の渡し場で、尾道駅前との航路になっています。運賃は100円です。

DSCF6836.jpg
向島運航 向島渡場


 こちらの渡船はアニメには出てこないですが、駅前と向島を行き来するのには便利です。また、この渡船だけは自動車を載せない船です。

 向島はこの渡船場の周辺を30分くらいうろうろしたのですが、特になにかあるわけでもなく、向島でいろいろ回るにはやはり自転車が必要みたいです。


 今回はここまでです。「かみちゅ!」の中でも海にまつわるシーンを中心に話を書きました。6枚中4枚は「かみちゅ!」に出てくる一コマなのですが、ほのぼのとしたところが多く、舞台になったところを回れば尾道の良いところを回れると思います。なので、次の話は山編ということで、坂を中心に「かみちゅ!」で舞台になったところを書いていきます。

 次回もよろしくお願いします。それでは。
 舞台探訪総研さんのページを今回の旅の参考にさせてもらいました。アニメの比較画像やグーグルマップに場所が示したあるので、非常に参考になりました。ただ、喫茶店カドの場所だけ違っていたので、訪れる先にはご注意を。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ながら

Author:ながら
旅行が趣味の社畜です。国内を休みがあるとたまにふらふらしています。

自己紹介などについては、
当ブログについて
をご覧ください。

アニ旅についてはこちら
をご覧ください。

Twitterやってます。
「ながらブログ@NagaraBlog」でブログの更新情報をツイートしてます。
ブログは不定期更新ですので、
フォローお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログへ 鉄道コム

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
ツイッター
最新コメント
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる