京都の神社めぐり

今回は、1月6日にふらっと京都の神社めぐりした話を書きます。


 いきなりなんですが、「初詣」の定義は何なんでしょうか?

 今回は、いつもと違う切り口から突然始まりましたが、なぜかというと今回の話のタイトルを当初、「京都で初詣」としようとしたのですが、すでに実家で氏神様の神社に年明けすぐに参拝に行っているので、正しいのかと素朴な疑問ができたので、最初に少しだけそのことについて書きます。

 正直、ネットで簡単に調べただけで、根拠のある話ではないので、興味ない人は読まずに飛ばしてください。また、内容に関するつっこみはご容赦ください。


 Yahoo!で、「初詣とは」と検索してみると、ウィキペディアとにこにこ大百科を除いた上位三つが以下のサイトです。
(2014年1月11日、現在)

 ・初詣・初詣で》初詣とは・着物・由来・意味・いつまで・正月・マナー・喪中

 ・知らないと恥をかく!女子必須の初詣マナー

 ・初詣の期間は松の内?いつ行けばいいの? [暮らしの歳時記] All About

 当ブログは上記の三つのサイトとは一切関係ありません。あくまで、「初詣」とはなんだろうということをネットで検索した際に上位に表示されたものです。各サイトの内容の正否に関することなどの責任は負いかねます。あくまで、参考にです。


 初詣の由来とかは、ここでは省略します。上記のサイトに書いてあったので、参考にしてください。


 私自身、初詣って神社に行くものだと思っていたのですが、初詣は神社でもお寺でもいいみたいですね。それから、初詣の時期です。今回、京都に行ったのは6日なので、もう初詣の期間が終わっているのではないかと思っていたのですが、現在は7日までは「初詣」と言ってもいいみたいですね。

 だから、今回の京都の神社巡りは初詣といって差し支えないのかなと思っていましたが、デジタル大辞泉によると

 「正月、その年初めて社寺に参詣すること」
 と書いてありました。

 つまり、すでに実家で神社に参拝しているので、今回の京都の神社めぐりは「初詣」ではないみたいです。初詣って、正月になったら、(私は)行くものですが、意外と奥が深い?とタイトルを決めるときに考えさせられました。


 ふとした、疑問をここまで書いてしまいましたが、上記のことはあくまで参考ということで、何が正しいかはご自身で知らべていただくようお願いします。



 さて、ここからが本編です。

 今回も、京阪に乗って、京都の出町柳駅に降りました。京橋の金券ショップで、400区間の平日回数券をバラで買おうとしたら、10日までの株主優待券があるので、買おうとした切符の10円引きで売ってくれるということで、それを購入。そのため、三条で降りるつもりが、株主優待券で終点の出町柳に降りれることになったので、先に下賀茂神社に行くことにしました。

 出町柳駅を降りるとまず、叡電側の出口から出て、駅前の小さなロータリーのところの金券ショップで、市バスの一日乗車券を購入。二枚組で950円でした。今回は、友人と二人で行ったのでちょうどよかったです。金券ショップで買ったのは、安くなるからというよりはバスの車内で買うのがめんどくさいからです。

 一日乗車券を買った後、橋を渡って、右に曲がり下鴨神社の入り口に。

DSCF6351.jpg
下鴨神社の入り口


 神社の正式名所って、けっこう現地に行って初めて知ることも多いんじゃないでしょうか?それか、まったく気にしないということもありますが。下鴨神社は、賀茂御祖神社っていうみたいです。こうした例の初歩の話をすると、金閣寺が鹿苑寺っていうとかを小学生のときにへえーって思った記憶があります。

 初めは、アスファルトで舗装された道が続きますが、途中道路を超えると表参道になります。

DSCF6353.jpg
きれいな朱色の鳥居(南口鳥居)


 木々に囲まれた表参道を歩いていくとこの鳥居にあたります。
 写真の右手に見える白いテントでは、甘酒を売っていました。参拝する前から甘酒飲むのもと思ってあとで、飲もうという話になったのですが、結局忘れ、この日は飲めずに終わりました。また、写真左手の白いテントの奥には、相生社があり、縁結びのお社です。一緒にいった友人が、今年こそは彼女がほしいらしく一生懸命お祈りしていました。自分も恋人はいないですが、まあ・・・。

 そのあと、門をくぐって本殿に。

DSCF6359.jpg
下鴨神社、本殿への入り口(楼門)


 実際は、楼門をくぐったあとに、中門を通ると本殿があります。無病息災を祈って、そのあと、中門を出て、西参道を進みます。神社の西側すぐには、下鴨本通があり、そこにバス停がありました。とりあえず、四条河原町に出ました。

 平安神宮に行けるバスを探しました。バスの案内なんかを見ると、平安神宮と書いてあるのですが、実際の最寄りバス停は「京都会館・美術館前」で、平安神宮というバス停はないです。5系が比較的本数が多いです。

 平安神宮に行く、43系統に乗ったのですが、平安神宮に着く前に、八坂神社で降りました。せっかくなので、八坂神社も行こうということに。八坂神社は、河原町に近いこともあってか多くの人でにぎわっていました。

 再び、バスに乗って、「京都会館・美術館前」で下車。

DSCF6360.jpg
平安神宮の鳥居


 バスは、ちょうど鳥居前で降ろしてくれます。バス停から、二分くらい歩くと平安神宮に着きます。中に入ると広い広場が!来るたびにこの広さに、「ひろっ」てなります。

DSCF6364.jpg
平安神宮


 ここでは、おみくじを引いたのですが、小吉で内容が・・・。あんまりよくなかったです。orz
 平安神宮の参拝が終わると、14:00になり、さすがにおなかが空いたので、なにを食べようか迷って、天下一品の総本店に行ったことがないので、行こうということになりました。

 ただ、今回は一日乗車券で移動しているので、その範囲で行けるか調べたところ本店は範囲外でした。しかし、ひとバス停または、3バス停歩いたら、行けるみたいなので、そこから歩くことにしました。その中で、比較的本数が多い、高野バス停で降りることにしました。東大路と北大路の交差点のところです。

 なので、平安神宮から西に歩いて、東大路通りに出ました。本当は、平安神宮の西側のところにバス停があるのですが、間違えて熊野神社まで歩いてしまいました。

 高野バス停から、東大路に沿って歩き、叡電の踏切を超えて、バス停から徒歩15分くらい。大きな通りに突き当たると、そこを右に曲がると天下一品の総本店があります。

DSCF6370.jpg
天下一品総本店


 意外と、あっさりした雰囲気なので、すぐには気付かないかもしれないです。14:30過ぎくらいに着いたのですが、ちょうどテーブルが空いたので、テーブルで食べることに。着いたときはカウンターも半分くらい空いていましたが、待っているうちに徐々に、カウンターも埋まっていき、食べ終わる頃には待ち客も。

 本店といってもラーメンは、「こってり」「屋台味」「あっさり」のどれかですね。トッピングの種類が多いような気がしましたが、天下一品も近所の店にたまに行くだけなので、私には差異があまりわからないです。メニューに書いてあった人気メニューの牛筋ラーメンをオーダーしました。

DSCF6369_20140110005738904.jpg
牛筋ラーメン、こってり と ライス


 メニューが来るまでの間、店内を見ていたのですが、店内は比較的新しく感じました。壁には、天下一品の歴史みたいなのが書いてありました。そして、きたのが上の写真のラーメンです。ラーメンと一緒に小ライスも注文してます。

 天一ラーメンは、並と小ライスでかなりおなかいっぱいになると思います。私は、食べすぎたかなと感じました。

 食後は、再び高野のバス停に戻って、とりあえず北大路バスターミナルに。これは、ただ私が北大路バスターミナルの雰囲気が好きなので、行っただけです。そして、最後に北野天満宮に行きました。102系統だったと思うのですが、それに乗って北野天満宮で下車。普段は、梅の時期に来るので、年始に来るのは初めてです。

 門前の駐車場には、一台の大型バスが止まっていて、ちょうどそこに制服を着た学生がちらほらと乗りこんでいました。本殿に行く途中、同じ制服のが学生にすれ違ったので、おそらく学校の行事かなにかで来ていたのでしょう。ただ、まさか今年の受験生ではないと思いますが。

DSCF6372.jpg
北野天満宮の入り口


 門には、馬の絵が描いてある大きな絵馬がありました。門をくぐって参拝し、再びバスに乗車。このまま、大阪に戻ろうかとも思ったのですが、せっかくなので、哲学の道を歩くことに。個人的にここの道は好きです。特にオフシーズンはそんなに人がいないので、とことこと一人で歩くのが好きです。今回は、友人と歩きましたが。

 途中、自転車で石に絵をかいたものを売る人がいました。こういった、風光明媚なところは芸術が好きな人が集まるのでしょうか?

 それから、この通りには南の方に行くと猫がけっこういます。猫が好きな人にとってはここを散歩コースにするのはいいんじゃないでしょうか?

DSCF6375.jpg
ねこ


 今回は、銀閣寺道のバス停を降りて、南下していき、神社があるところまででたら、右に折れて坂を下ってバスに乗って河原町三条に戻りました。この哲学の道夕方に歩くのが個人的にお勧めです。南側の終点近くは、景色が開けて、やや京都のしないが見下ろせる状態になります。夕焼けに染まった京都の町を静かに見るにはちょうどいいんじゃないでしょうか?


 今回は、ここまでです。そんなにたいした話じゃないんですが、最初の初詣のうんぬんかんぬんが気になって、なかなか最初のところが書けなかったので、意外に公開するのが遅くなりました。

 これで、年始の短編は終わりです。次回からは、年末に行った北海道と関東の話を順次書いていきます。全何話になるか未定ですが、お付き合いいただけると嬉しいです。コメントなども待ってますので、お気軽にお書きください。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは。楽しく読ませてもらいました。写真が綺麗でオシャレなブログですね。このブログを今後も参考にさせてもらいます。ありがとうございました。

Re: コメントありがとうございます

コメントありがとうございます。
なかなか定期更新できないブログですが、旅行の参考やちょっとした暇つぶしに読んでもらえると嬉しいです。

No title

萌音←
全国のブログに同じコメント貼りまくっています.
自分の商用サイトへ誘導する悪質なコメントですよ(笑)


ご注意を
プロフィール

ながら

Author:ながら
旅行が趣味の社畜です。国内を休みがあるとたまにふらふらしています。

自己紹介などについては、
当ブログについて
をご覧ください。

アニ旅についてはこちら
をご覧ください。

Twitterやってます。
「ながらブログ@NagaraBlog」でブログの更新情報をツイートしてます。
ブログは不定期更新ですので、
フォローお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログへ 鉄道コム

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
ツイッター
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる