スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富山撮影記3~北陸鉄道と小松の489~

富山撮影記2 の続きです。10月20日の話。


 前日は、ほとんど寝ていないので、起床はややゆっくりの9時過ぎ。それから、帰路に着きました。もちろん、途中寄り道したので、その話を書きます。


 今回、寄り道の目的地が二つあり、最初が北陸鉄道の石川線。富山を出発して、昼前に金沢市内の野町駅付近で、車を降りいったん、三人とも別行動に。自分は、まだ未乗の石川線を乗りに行くことにしました。

野町駅
北陸鉄道、石川線野町駅


 北陸鉄道石川線の野町駅。金沢の中心街からは離れていますが、鉄道に連絡してバスが中心街に走ってます。乗り換えも、改札出てすぐバスがいるので、スムーズに行われ、列車到着後、バスはすぐ発車していきました。

 北鉄は、鉄道線向けに二種類のフリー切符を出しています。一つが、曜日関係なく使える全線フリー切符(1000円)で、もう一つが土日限定で石川線、浅野川線用がそれぞれ500円、400円で売ってます。土日は各線のフリー切符を買った方が100円安いです。詳しくは北陸鉄道のHPを見てください。

 この日は、日曜日だったので、土日祝限定1日エコフリー切符石川線用(500円)を購入。そして、列車に乗って揺られること30分弱で終点の鶴来に着きます。終点まで乗った乗客は10人もいませんでした。

鶴来駅
鶴来駅


 駅を降りるとあいにくの雨でした。傘を差しながら、駅周辺を撮影。ただ、今回は自由時間の都合、10分後の折り返し列車に乗らないといけないので、駅周辺散策はあまりできませんでした。温泉行ってみたかった。

 とりあえず、かつて線路が続いていた加賀一の宮方面に歩いてみる。線路は一応駅近くは続いていました。

鶴来駅の車両
駅にとまっている北鉄の車両


 とりあえず、加賀一の宮側から、駅を撮影。北鉄の車両の写真はこれくらいしか撮れませんでした。そして、発車時間が迫っているので、駅に戻りました。

鶴来駅の展示品
駅の展示品


 駅舎の中に、ちょっとした北鉄の展示コーナーがありました。時間の都合、写真を撮ってほぼおしまい。あわただしく、列車に乗って、西金沢へ。集合場所が、松任駅なので、西金沢からJRに乗り換えます。西金沢での降車客はほとんどいませんでした。JR乗り換えは、自分含めて二人でした。

 そして、駅出て西金沢を出ると写真のような光景が。

西金沢駅
JR西金沢駅


 始め、あれっ、西金沢駅は高架だったっけと思いました。しかも、ずいぶんシンプルな駅だなと思ったら、手前の高架線路は北陸新幹線の線路で、奥に在来線の線路がありました。石川線とJRは乗り継ぎの時間がちょうどよく設定されていて、駅周辺を歩く時間はないので、改札に向かいました。最近は、地方でもICカードが使えるところが多いので、ついICカードで改札に行こうとして、使えないことに気が付きました。なので、切符を買って、入鉄機?(日付を切符にいれる機械)を通して、ホームに。

 すぐに、二両の福井行きが来たので、乗車。西金沢でも、何人か降りましたが車内は混雑していました。そして、松任駅で下車。松任駅では、多くの人が降りました。とりあえず、金沢総合車両所の方に歩いてみました。場所は、駅の北口を出てすぐです。駅からも、見えます。車両所の北陸線側は比較的塀が低いので、中が見えました。EF81がいくつか放置されてました。

松任工場1
窓も車番もないローズピンクのEF81たち


松任工場2
DE16?やこちらも窓や車番がないトワ色のEF81


金沢総合車両所には、EF81が何機かいました。ただ、どこになにがいるとかはよくわからないので、ここではEF81やチキなどが見えます程度にしておきます。

 同乗者の方が来るまで、まだ時間があったので、駅の南側でやっていた松任駅前B級グルメフェスタにいってみることにしました。あいきくの雨模様でしたが地元の人を中心に盛り上がっている印象でした。お店も、10店以上ありました。肝心のB級グルメは松任のものだけでなく、北陸全般でした。いろんなものが食べれるという意味ではよかったです。ちょうど、おなかも空いていたので以下の写真のものを買いました。

松任Bフェス
はしまきメンチ(200円)とかにめし(500円)


 売っているものはコロッケのような安いものから、1000円を超えるお寿司までさまざまでしたが、比較的お手軽な値段なものを選びました。メンチカツがどこか忘れましたが、カニめしは福井の越前蟹でした。両方ともおいしかったです。

 こういったB級グルメフェスタはいいですね。その地域のおいしいものが、手軽に見つけることができて食べれるのはうれしいです。ふらっと出かけた際は、事前に何も調べてないので、ありがたいです。

 B級フェスで小腹を満たすとちょうど同乗者が松任駅に着いたので、車に乗って移動。向かう先は、小松駅。小松駅付近に489が保存されているということで向かいました。保存場所は小松駅から近く、場所は駅を海側に出て、右に線路に沿って進むと5分弱で着きます。

小松 489系
小松駅付近で保存されている489系


 車内も公開されていて、土日祝に10:00~16:00です。例によって詳しくは、クハ489-501 ボンネット型特急電車保存会のホームページを見てください。16:00の10分前に着くというぎりぎりでした。ちょうど、閉室の準備をしようとしているところですが、見学しに来ましたというとゆっくり見て行っていいよと言われたので、車内に入りました。車内の見学だけだったら、無料です。

 しかし、保存会の方々がボランティアでやってくださっているので、300円の寄付金を払って運転室に。運転室は狭いので、交代で一人ずつ。ちなみに、オリジナルの硬券入場券ももらえます。

489系 運転席
489系の運転台


 とりあえず、運転席に座る。目の前に見えるのは、道路と北陸本線ですが、ボンネット型特急の運転台に座ってみる眺めはいいですね。テンションが↑↑です。

 スタッフの方の話によると、489系の保存や修繕に関して、JR西の仕様に戻すのではなく、国鉄時代の仕様に徐々に戻していくとおっしゃられていました。車内には、方向幕なども飾ってあるので、北陸に行く際は立ち寄ってみてください。


 489系の見学をして、この日の最後の目的も終了。あとは、車で大阪に帰るだけ。でも、せっかくなので温泉に入ろうということなので、芦原温泉に。大阪から近いので、時間がちょうどよかったのでそこにしました。芦原温泉の中心にあるセントピアあわら。入浴料は500円で、中にはシャンプーなどはあります。タオル等は別途です。温泉は、天の湯、地の湯の二つがあって、一週間ごとの男女交代制になっています。私がいったときは、地の湯でした。

 温泉はいいですね。これで、本当に全行程が終了して、帰路に。


 ということで、全3回の富山撮影記は以上です。前二回は、貨物列車と中心とした撮影記、三回目は鉄道を中心とした北陸観光でした。行く二日前に急遽予定を組んだのですが、いろいろ楽しめてよかったです。

 ここまで、読んでくださりありがとうございます。この後は当分、短編が続くと思います。さきに、有馬温泉と神戸電鉄の話をかければ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ながら

Author:ながら
旅行が趣味の社畜です。国内を休みがあるとたまにふらふらしています。

自己紹介などについては、
当ブログについて
をご覧ください。

アニ旅についてはこちら
をご覧ください。

Twitterやってます。
「ながらブログ@NagaraBlog」でブログの更新情報をツイートしてます。
ブログは不定期更新ですので、
フォローお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログへ 鉄道コム

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
ツイッター
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。