スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国地方ドライブ~備中松山城~1

6月20、21日の話

 最近、ドライブも趣味になりつつあり、中国山地の山の中をドライブしてきました。といっても、まだまだ運転は上手くないので、比較的広い道を走りました。

 簡単な行程としては、大阪⇒岡山⇒高梁⇒吹屋⇒帝釈峡⇒おろちループ⇒宍道⇒米子⇒高速⇒大阪で1.5泊3日です。


 大阪市内の日産レンタカーでノートを借りました。友人がタバコ吸うかもといって喫煙車にしたら、いつもと違って古い車が手配されました。今回も大学生協のキャンペーン価格で5,700円でした。

 18時過ぎに車を借りて、阪神高速の湾岸線、3号線と走って、若宮ICを降り、国道2号線を走りました。途中、マリンピア神戸で食事をしようとしたのですが、アウトレットモールだけあって、簡単に済ませれそうな食事はなく、マックで夕飯を済ませました。

 再び、国道2号、西明石駅から国道250号を走りました。時間が時間だけあって、阪神高速降りて、国道250号に抜けるまでは渋滞しててしんどかったです。再び、バイパスになっている国道2号の加古川バイパス、姫路バイパスを走りました。この先、迷ったのが国道2号か県道397号の岡山ブルーラインを走るかです。カーナビ等で進路が分かれるので、迷いましたがせっかくなので、岡山ブルーラインの方を走ってみました。金曜の22時ごろなのか対向車もほとんどなく、静かなドライブでした。

 そして、この日は0時前になんとか岡山国際ホテル(素泊まり訳ありプラン3000円)に着いて、泊まりました。

 翌朝、7時過ぎにホテルを出ました。県道28号で岡山駅の方へ向かうと東山駅があり、路面電車が

DSCF7068.jpg
岡山 路面電車


 前日は岡山についてすぐホテルに行ったので、朝路面電車を見て初めて岡山に来た気がしました。
 
 岡山駅を超えると国道180に沿って、走りました。初めは吉備線、途中からは伯備線と並走しています。

DSCF7069.jpg
天満屋行


 そして、国道180号を走っているとたまにバスとすれ違うのですが、行き先が天満屋で、またまた岡山を感じました。岡山駅から、離れるほどこんなことろから岡山まで直通なのと驚いていました。

 そのまま道なりに走り、大きな町の交差点を右に曲がると、

DSCF7070.jpg
備中高梁駅


 備中高梁駅に着きました。特段、この駅に何か用があるわけでもなく、カーナビの目的地をとりあえず備中高梁駅にしていて、着いてから気づきました。w
 駅前のローソンで飲み物を買うついでに、紙の地図で道を見直して出発しました。

DSCF7073.jpg
備中松山城への道1


 国道180号から備中松山城の方へ曲がり道を進むと徐々に道幅が狭くなり、途中両側1車線になるところもあります。道路沿いには段々の田んぼがあります。

 車で坂を上ること数分、城見橋公園駐車場にたどり着きました。土日はさらに上にあるふいご峠駐車場まで車では行くことができなく、この駐車場からシャトルバスで上がることになるそうです。

DSCF7076.jpg
シャトルバスとトイレ


 城見橋駐車場に入るときに職員の方がいろいろ説明してくれました。土日はシャトルバスでしか上に行くことができず、バスの乗車代として300円必要だそうです。詳しくは備中松山城へのアクセスという岡山県のHPを見てください。そのページには備中松山城についていろいろ書かれています。

 シャトルバスに乗って5分ほどでふいご峠駐車場に着きます。ここからは山道になります。

DSCF7077.jpg
備中松山城への道2


 道は整備されているところもありますが、基本的には上の写真のような道なので歩きやすい靴で来ましょう。

 木々が開けるところでは、高梁市の市街地の風景が見えます。

DSCF7078.jpg
備中松山城付近からの景色


そして、歩くこと20分弱で、かつて門があったところにたどり着き、天守閣に到着します。

DSCF7081.jpg
備中松山城


 写真手前に写っている階段を上ると料金所があって、天守閣エリアに入ることができます。入城料は300円です。
 
 中に入ってすぐ左手に冷水器があります。この冷水器からは備中抹茶が出てきます。飲みましたがおいしかったです。

DSCF7082.jpg
備中抹茶


 山城ですが立派な天守閣で、最上階に上ると風が気持ちいいです。

 そのあと、再び城から降りて、麓の駐車場に戻りました。麓の駐車場からの往復も含めた観光時間は最低1時間半はかかるかなと思いました。実際にかかりましたし。シャトルバスはそんなに待たなくても来るイメージでした。

 シャトルバスが5分、お城まで徒歩20分くらいなので、片道30分ちょっとはかかると思います。


 この後、再び車で吹屋に向かいました。

 この先の話は次回します。

 今回はここまでです。

 それでは。




 

 
スポンサーサイト
プロフィール

ながら

Author:ながら
旅行が趣味の社畜です。国内を休みがあるとたまにふらふらしています。

自己紹介などについては、
当ブログについて
をご覧ください。

アニ旅についてはこちら
をご覧ください。

Twitterやってます。
「ながらブログ@NagaraBlog」でブログの更新情報をツイートしてます。
ブログは不定期更新ですので、
フォローお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログへ 鉄道コム

カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
ツイッター
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。