スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国地方ドライブ~帝釈峡と出雲坂根駅~3

6月21日の話

中国地方ドライブ~吹屋~2の続き

 吹屋の街並みを見た後、広島県の帝釈峡へ向かいました。一番早くて、楽なのは一度北上して中国自動車道を走ることですが、カーナビ的には県道50号経由もそんなに変わらないのでそちらにしました。

 吹屋出て、県道85、33、50号と走りました。県道50号は両側1車線になるところがあるので、あまり運転に慣れてない方は中国自動車道経由をお勧めします。国道182号に出ると、JR芸備線や中国自動車道と比較的並走します。東城インターの入り口を過ぎると道の駅があります。そこで、休憩しました。この区間は山道になるところもあるので、少し疲れました。

 道の駅からは県道25号を走って、15分くらいでつきました。駐車場は最初のトンネルに入る前にあります。無料でしたが、繁忙期は環境維持費か何かで有料になるみたいです。

 駐車場からは遊歩道みたいなのがあったので、そこを歩きました。
 歩いて行くと、赤い橋がありました。帝釈川にかかる橋で神龍橋です。

DSCF7131.jpg
神龍橋


 もともとは県道25号線の紅葉橋だったそうです。
 橋の上から上流を見るとこんな感じです。

DSCF7133.jpg
神龍橋の上流


 そのまま、神龍湖沿いに歩いていくと、駐車場が。遊覧船乗り場を曲がったところにも駐車場はありました。ここには、トイレや帝釈峡の説明がありました。

DSCF7141.jpg


 お食事処などもここにあります。

 トンネルを抜けると遊覧船乗り場があります。今回は時間的に乗りませんでした。

 遊覧船乗り場からは県道25号沿いを歩いて、駐車場に戻ります。歩道はありますし、比較的広いです。
 そして、紅葉橋を通るのですがここからの景色がきれいです。

DSCF7139.jpg
紅葉橋 景色1


 湖畔にあるホテル、帝釈峡観光ホテルです。こんなところに泊まってみたいです。

 そして、帝釈峡のパンフレットによく出てくるのはこの景色だと思います。

DSCF7145.jpg
紅葉橋 風景2


 非常に風光明媚な場所で、中国自動車道の東城ICからもアクセスがよくいいところです。土曜日でしたが、6月ということで人も少なく、ゆったり回れました。1時間強のハイキングコースとしてはいいところです。


 再び、東城ICの方へ戻り、国道314号を走りました。次の目的は「おろちループ」です。
 途中、芸備線と木次線が合流する落合備後駅に寄りましたが、誰もいませんでした。この駅に来るときは、18切符シーズンなので、多くの人で賑わっているのですが、今回は誰もいなかったです。

 そして、おろちループに突入!

DSCF7153.jpg
おろちループ


 坂をぐるぐる降りていく!ただ、これただ下るだけだとただの連続下り坂なだけ! 

 上(南側)に道の駅があって、そこからおろちループを見れるみたいなのですが、そこに寄らなかったのが失敗でした。おろちループもすごいのですが、走るだけだとすごさをあまり感じなかったです。今回の教訓です。


 そのまま、国道314号を走ると右手に出雲坂根駅が見えてきます。出雲坂根駅には延命水があるので、寄り道しました。

DSCF7163.jpg
出雲坂根駅


 駅前に駐車場があります。10台分はあったと思います。延命水を飲みながら、待っていると最終の落合備後行きが来ました。この出雲坂根駅の特徴は三段スイッチバックです。この出雲坂根駅から広島県側へは高低差が大きいです。そのため、道路の奥出雲おろちループというループ橋で勾配の緩和をしています。鉄道は急こう配に弱いため車以上の勾配緩和が必要なためスイッチバック方式をとっています。三段スイッチバックはJR西日本ではここだけです。

 スイッチバックがわからない人は、奥出雲おろち号 の公式?ページを見てください。「奥出雲おろち」号は、この木次線を走る観光列車です。三段スイッチバックは眺めるより乗る方が楽しいのでぜひ乗ってみてください。

 それから駅にある延命水はこんな感じです。

DSCF7157.jpg
出雲坂根駅 延命水


 ペットボトルで水を汲みに来ている人もいました。夏場なのに、水がひんやりしていました。


 この後は、国道314、54と走り、宍道駅に出て、木次線と別れ、宍道湖を一周するつもりが時間の都合でそのまま国道9号、松江バイパス、国道9号で米子へ行きました。同乗した友人の実家によって、「大栄スイカ」をいただきました。鳥取名物のスイカらしいですが甘くておいしかったです。

 その後、米子の皆生温泉に入りに来ました。皆生グランドホテル天水というホテルです。お風呂は大浴場と露天風呂の二つです。名前が「グランドホテル」とあって昔ながらの団体用のホテルみたいな感じです。日帰り入浴1200円は少し高いかなと思います。一応、タオルはついてきて、中にシャンプーやボディーソープなどはありますが。設備なども含めて、1000円くらいかなと思いました。あと、更衣室には飲料水とマッサージチェアがありました。マッサージチェアが無料でおいてあるのは珍しいです。ドライブの疲れもとれました。


 夕飯は皆生温泉近くにある郊外店が集まるところで済ませました。

 帰りは米子自動車道の江府ICから乗り、中国自動車道の三田ICで降りて、帰りました。

 
 中国山地も普段は鉄道で行くのですが、今回はドライブで行きました。旅行する分には圧倒的に便利ですね。特に有名観光地が鉄道駅から離れていることと本数が非常に少ないこともあります。

 無難な結論を書きてしまいましたが、自然豊かなところなので、ぜひ観光に行ってみてください。

 それでは。
スポンサーサイト

中国地方ドライブ~吹屋~2

2014年6月21日の話。

中国地方ドライブ~備中松山城~1の続き


 備中松山城の観光後、次に同じ高梁市にある吹屋へ向かいました。ここは路線バスもあるのですが、数本しかないので車が便利ということで、行くことにしました。

 高梁駅から南に少し戻って、落合橋から国道313号線を走りました。高梁市成羽地域局のところを曲がり、橋を越えて県道300号、広域農道を通って、吹屋バイパスに着くと右手に駐車場があります。バイパスをさらに進めば、町の中心部の駐車場もあります。

 今回は知らなかったので、手前の駐車場に車を止め、階段を上って、吹屋の町に着きました。ベンガラの瓦が特徴的な町です。

DSCF7096.jpg
吹屋 町並み


 ここに来ようと思ったのはきれいな瓦とべんがらの漆喰の写真を見たのも大きいです。べんがらとは何かここに来るまでわからなかったのですが、酸化鉄のことみたいです。

 そして、ここはかつて銅山として栄えたそうです。

DSCF7121.jpg
べんがらとは


 街中にある看板でベンガラについて知りました。

 街中にはいろいろな建物があります。百貨店と書かれたお土産屋さん

DSCF7101.jpg
お土産屋


 他にも郵便局もありました。県道85号沿いに町があるのですが、食事処はここの一か所だけのようでした。他にもラ・フォーレ吹屋が県道85号から徒歩5~10分ほどのところにあり、そこにレストランがあります。

DSCF7109.jpg
お食事処 藤森


 テーブル席が10席ほどと奥に座敷のテーブル席がありました。12時半ごろでしたが半分ほど席が埋まっていました。メニューは、壁に貼ってありました。

DSCF7110.jpg
そば定食


 そば定食を注文しました。具材にこんにゃくや人参、厚揚げ、豆腐などが入っていて、豚汁のよう具材でしたがおいしかったです。

 ちなみに普通の定食屋っぽく、メニューは他にうどん定食やラーメン、カレーといったものでした。

 食後、さらに奥へ進みました。食事処藤森より奥は特に何かあるわけでもないですが、神社があります。神社は少し高いところにあるので、町の景色を眺めてもいいかもしれません。

DSCF7114.jpg
神社からの風景


 再び、町の中心部に戻り、今度は旧吹屋小学校へ。平成24年3月まで現役だった木造の小学校です。

DSCF7118.jpg
旧吹屋小学校


 校舎の中には入れませんが、外から眺めているだけでも古さを感じます。The田舎な雰囲気を感じます。
 ちなみにこの小学校の奥に、ラフォーレ吹屋があります。かつてはそこに吹屋中学校があったらしいです。

 駐車場へ戻ろうと、街中を歩いていると

DSCF7123.jpg
備北バス


 バスが走っていきました。狭い道なのですが、定期路線バスが走っています。街中の道路は車で、走れるのですが、すれ違える場所もほとんどありませんし、町の入り口には車での通行をご遠慮くださいとあるので、なるべくさせましょう。


 田園と山の中にひょこっと表れる集落の吹屋。べんがらの漆喰がとてもきれいなので、ぜひ訪れて見てください。


 今回は、ここまでです。
 せっかくのドライブですからこういったところに来ると楽しいですね。

 そえでは。

中国地方ドライブ~備中松山城~1

6月20、21日の話

 最近、ドライブも趣味になりつつあり、中国山地の山の中をドライブしてきました。といっても、まだまだ運転は上手くないので、比較的広い道を走りました。

 簡単な行程としては、大阪⇒岡山⇒高梁⇒吹屋⇒帝釈峡⇒おろちループ⇒宍道⇒米子⇒高速⇒大阪で1.5泊3日です。


 大阪市内の日産レンタカーでノートを借りました。友人がタバコ吸うかもといって喫煙車にしたら、いつもと違って古い車が手配されました。今回も大学生協のキャンペーン価格で5,700円でした。

 18時過ぎに車を借りて、阪神高速の湾岸線、3号線と走って、若宮ICを降り、国道2号線を走りました。途中、マリンピア神戸で食事をしようとしたのですが、アウトレットモールだけあって、簡単に済ませれそうな食事はなく、マックで夕飯を済ませました。

 再び、国道2号、西明石駅から国道250号を走りました。時間が時間だけあって、阪神高速降りて、国道250号に抜けるまでは渋滞しててしんどかったです。再び、バイパスになっている国道2号の加古川バイパス、姫路バイパスを走りました。この先、迷ったのが国道2号か県道397号の岡山ブルーラインを走るかです。カーナビ等で進路が分かれるので、迷いましたがせっかくなので、岡山ブルーラインの方を走ってみました。金曜の22時ごろなのか対向車もほとんどなく、静かなドライブでした。

 そして、この日は0時前になんとか岡山国際ホテル(素泊まり訳ありプラン3000円)に着いて、泊まりました。

 翌朝、7時過ぎにホテルを出ました。県道28号で岡山駅の方へ向かうと東山駅があり、路面電車が

DSCF7068.jpg
岡山 路面電車


 前日は岡山についてすぐホテルに行ったので、朝路面電車を見て初めて岡山に来た気がしました。
 
 岡山駅を超えると国道180に沿って、走りました。初めは吉備線、途中からは伯備線と並走しています。

DSCF7069.jpg
天満屋行


 そして、国道180号を走っているとたまにバスとすれ違うのですが、行き先が天満屋で、またまた岡山を感じました。岡山駅から、離れるほどこんなことろから岡山まで直通なのと驚いていました。

 そのまま道なりに走り、大きな町の交差点を右に曲がると、

DSCF7070.jpg
備中高梁駅


 備中高梁駅に着きました。特段、この駅に何か用があるわけでもなく、カーナビの目的地をとりあえず備中高梁駅にしていて、着いてから気づきました。w
 駅前のローソンで飲み物を買うついでに、紙の地図で道を見直して出発しました。

DSCF7073.jpg
備中松山城への道1


 国道180号から備中松山城の方へ曲がり道を進むと徐々に道幅が狭くなり、途中両側1車線になるところもあります。道路沿いには段々の田んぼがあります。

 車で坂を上ること数分、城見橋公園駐車場にたどり着きました。土日はさらに上にあるふいご峠駐車場まで車では行くことができなく、この駐車場からシャトルバスで上がることになるそうです。

DSCF7076.jpg
シャトルバスとトイレ


 城見橋駐車場に入るときに職員の方がいろいろ説明してくれました。土日はシャトルバスでしか上に行くことができず、バスの乗車代として300円必要だそうです。詳しくは備中松山城へのアクセスという岡山県のHPを見てください。そのページには備中松山城についていろいろ書かれています。

 シャトルバスに乗って5分ほどでふいご峠駐車場に着きます。ここからは山道になります。

DSCF7077.jpg
備中松山城への道2


 道は整備されているところもありますが、基本的には上の写真のような道なので歩きやすい靴で来ましょう。

 木々が開けるところでは、高梁市の市街地の風景が見えます。

DSCF7078.jpg
備中松山城付近からの景色


そして、歩くこと20分弱で、かつて門があったところにたどり着き、天守閣に到着します。

DSCF7081.jpg
備中松山城


 写真手前に写っている階段を上ると料金所があって、天守閣エリアに入ることができます。入城料は300円です。
 
 中に入ってすぐ左手に冷水器があります。この冷水器からは備中抹茶が出てきます。飲みましたがおいしかったです。

DSCF7082.jpg
備中抹茶


 山城ですが立派な天守閣で、最上階に上ると風が気持ちいいです。

 そのあと、再び城から降りて、麓の駐車場に戻りました。麓の駐車場からの往復も含めた観光時間は最低1時間半はかかるかなと思いました。実際にかかりましたし。シャトルバスはそんなに待たなくても来るイメージでした。

 シャトルバスが5分、お城まで徒歩20分くらいなので、片道30分ちょっとはかかると思います。


 この後、再び車で吹屋に向かいました。

 この先の話は次回します。

 今回はここまでです。

 それでは。




 

 

ご注文は誰ですか?りぜです!

2014年6月28日の話。


 今回はアニメ一色な話を書きます。

 関西では27日から28日にかけての夜に「ご注文はうさぎですか?」の最終回を迎えましたが、このまま終わってしまうのも、寂しいので、「ごちうさ13羽」と称して出かけてきました。

 大阪市営地下鉄の一日乗車券を買って、出かけました。中央線に乗って、深江橋で降りるのが早いのですが、名古屋から始発のアーバンライナー(八木乗り換え)で来るフォロワーさんとの合流も兼ねて、高井田駅で待っていました。

 中央線の高井田駅から10分弱歩いて、「金久右衛門本店」に到着します。

DSCF7170.jpg
金久右衛門本店


 駅から、道路沿いを歩いていくとお店はあるのですが、看板はおとなしめなので、分かりにくいのですが、人の列ですぐに遠目からでも店の場所がわかりました。

 店の前にはご注文はうさぎですかの看板がありました。

 9時半ごろ来たのですが、整理券番号は27番でした。30食限定なので、ぎりぎりセーフでした。そして、

DSCF7189.jpg
りぜラーメン完売


 9:45ごろには、完売の看板が立てられました。ポストカードを貰うだけでしたら、もう少し後でも大丈夫です。ただし、ラーメンは限定ラーメンではなく、通常のラーメンです。通常のラーメンもおいしいらしいですが、せっかくなので限定ラーメンも食べないと損ですね。

 中はカウンターが基本ですが、奥に4人がけの座敷テーブルが二つありました。今回は三人だったためか、奥の座敷に案内してもらえました。

 ちなみに注文は並んでいるときに聞かれます。座敷に座って少し待っているとラーメンが運ばれてきました!

DSCF7186.jpg
煌めくリゼのエバーパープル


 リゼをイメージした紫色多めのラーメンです。写真の左側に写っているのは、配布されたポストカードです。リゼをイメージした創作系のラーメンですが、いろいろと趣向が凝らしてありました。

 一番はこれだと思います。りぜちゃんのお供?の

DSCF7185.jpg
コーヒーゼリー


 銃です。従の形を十分に模したコーヒーゼリーです。直前まで凍らせてあったみたいで、ぷるんというよりはシャリっとした食感ですが、おいしかったです。

 他にも、麺が紫色だったり、ハート形のさつまいものチップがあります。いろいろとこだわってあるので、ぜひ食べてみてください。それから、食べた感想ですが、ラーメンというより、盛岡冷麺とかそんなのに近い味や食感かなと思いました。


 ラーメンを食べた後、店を出ると人が並んでいました。「ごちうさ」ラーメンに関係なく人気のある店みたいなので、通常のラーメンを食べに来るのもいいと思います。


 そのあと、少し別のことをしてから、京阪に乗って出町柳に行き、宝ヶ池で撮影をしました。

DSCF7282.jpg
宝ヶ池 ごちうさHM


 この日は叡電のごちうさHMは6月30日までで、両方動くのはこの日が最後だったので、並びの写真を撮りました。

 チノちゃんとココアちゃんです。

 それから、叡電の電車はHMだけではなく、車内にもいくらかごちうさ関連ものを貼っていました。

DSCF7225.jpg
ごちうさ ポスター


 車両の前後にはごちうさのキャラクターのミニポスターが貼ってありました。

 それから優先席のところには

DSCF7215.jpg
叡電 優先席


 いろいろなごちうさのポスターが貼ってありました。貼ってあるものも場所や編成(二編成ある)によって違うようでした。

 一番印象的だったのは、

DSCF7231.jpg
ごちうさ キャラ紹介


 ごちうさのキャラクター紹介の紙が貼ってあることでした。それで、ごちうさについて知らない人もごちうさについて知れるかも?

 それから、試読用なのか、ごうちさの漫画のページがいくつかありました。

DSCF7223.jpg
ごちうさ 試読用?


 真ん中のココアおねーちゃんがかわいいですね。(私はココアおねーちゃん押しです)

 車内の写真は出町柳で撮りました。16時ごろでしたが、列車が着いてすぐは人もいないので、車内を撮影することができました。叡電はよく混むので、土曜日なのによく撮れたなと思いました。

 最後にココアちゃんの話を書いてしまいましたが、今回はりぜちゃんメインで書いてるので、再登場。

DSCF7302.jpg
出町柳駅


 朝食べたラーメン屋のポストカードのリゼちゃんと叡電の写真で締めます。

 ちなみに、このあと大宮の王将に行ったのは別の話。
 大した話じゃないから書かないけどw


 今回はここまでです。

 テレビのクールの変わり目は好きな番組が終わってしまいますが、次の作品を楽しみに待つか、今回のような楽しみ方で、オリジナルの続編ではないですが、作品を楽しむ方法もあるのかもしれません。

 それでは。

年末放浪2013~津軽海峡編3~11

12月25日の話。津軽海峡線巡りをする話の3 章で、津軽今別駅の話。

年末放浪2013~トワイライトエクスプレス乗車記上~1」が初めの記事です。
年末放浪2013~津軽海峡編1~10」が津軽海峡編の始めです。


 前回に引き続き、津軽今別駅の話から書きます。
 前回は函館方面のホームの話で終わりましたので、残りの部分の話を書きます。

 函館のホームへは階段を上って、右手に行きましたが、青森方面は左手に進みます。曲がるとすぐに踏切があります。

DSCF5317.jpg
津軽今別駅 構内踏切


 海峡線の下りの踏切を超えて、進むと青森行のホームと待合室があります。

DSCF5318.jpg
津軽今別 函館方面


 踏切を超えて、函館方面を見るとこんな感じです。左右に在来線の海峡線の線路があり、間が空いています。ここの空間に将来的には北海道新幹線の線路がひかれるみたいです。

 そして、ここから青森行の列車を撮ることも可能です。午前中だと逆光になってしまうと思いますが、雪が降る日なら関係なく撮れます。

DSCF5322.jpg
津軽今別駅 EH500


 貨物列車など、列車が来る5分前から列車接近の警報がなるので、撮影する分には分かりやすいです。雪を巻き上げながら走るEH500はかっこいいですね。

DSCF5331.jpg
津軽今別駅 S白鳥14号


 同じく青森方面の列車です。列車まで時間があったので、青森方面の待合室の中から撮影。窓開ければ、けっこういい感じに撮れますが、他に利用者の方がいたら迷惑なのでやめましょう。

DSCF5325.jpg
津軽今別駅の駅名版


 撮影後、駅のホームで駅名版を撮影。竜飛海底駅の表示はまだ残っていました。

 発車時間10分前には函館方面のホームに移動。

DSCF5337.jpg
津軽今別駅のホームと待合室


 函館方面の駅と待合室の全容はこんな感じです。

 青森方面から485系の白鳥93号が来たので、乗車。混んではいたものの、通路側の席が空いていたので座れました。

DSCF5346 - コピー
津軽今別駅 白鳥93号


 津軽今別駅では基本的に自由席に乗る人が多いので、乗降口が混雑していました。白鳥93号に乗って、青函トンネルを通って、北海道の知内駅に下車しました。途中、竜飛海底と吉岡海底駅があるのですが、降りられないので、実質的な隣駅です。

DSCF5349.jpg
知内駅


 知内駅で降りる人は4人だけでした。廃止前に降りておこうという鉄道ファンだった気がします。

 今回の話はここまでです。

 次回は知内駅の話を書きます。 それでは。

プロフィール

ながら

Author:ながら
旅行が趣味の社畜です。国内を休みがあるとたまにふらふらしています。

自己紹介などについては、
当ブログについて
をご覧ください。

アニ旅についてはこちら
をご覧ください。

Twitterやってます。
「ながらブログ@NagaraBlog」でブログの更新情報をツイートしてます。
ブログは不定期更新ですので、
フォローお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログへ 鉄道コム

カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
ツイッター
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。