年末放浪2013~トワイライトエクスプレス乗車記上~1

今年も、年末のしめとして、鉄道の乗り収めしてきました。

今回は、一週間ちょっとの旅だったので、少し長くなると思いますが、お付き合いしていただけるとうれしいです。
全何回になるか今のところ未定です。たぶんですが、10回以上になると思います。当分、出かけられないので、今回の年末放浪を少しずつ書いていこうと思います。



 今回は、以前から乗ろうと思っていた「あけぼの」を乗車するために計画をたてました。北海道新幹線が開業するまでは、残ると思っていたので、それまでに乗ろうと思っていたのですが、河北新報が「あけぼの」廃止のニュースを流したときから急遽予定を立て始めました。「あけぼの」は上段ソロにどうしても乗りたく、青森発の方が確実に切符がとれるだろうということで、青森から乗ることを決め、そのあと北斗星などの廃止を示唆するニュースも出たため、ついでにまだ乗っていないトワイライトエクスプレスも乗ろうということで、一度北海道に行くとこになりました。


 本題に。夜行列車に乗るときは、一番早かった「日本海」でも、17時台で、夕方に家を出ればいいのですが、トワイライトエクスプレス(以下:トワ)は11時台に大阪を出るので、なんだか不思議な気分で大阪駅に向かいました。

 トワの入線は11:11で、発車は11:50発と約40分前の入線です。大阪駅には、五分くらい前について、11番線ホームに移動しました。トワが入線する時間は11番線には、列車が入ってこないので、入線の動画も撮れました。停車時間も約40分あるので、ゆっくりと撮影することができます。

DSCF4817.jpg
11番線ホームから撮影したトワ

 一通り撮影が終わったら、最後の買い出しとして、11番線ホームにある売店に行きました。飲み物とかお菓子とか事前に買ってあるのですが、友人が持ってきたものを見たりして、買い足すものなんかを買いました。飲み物とお菓子を買いました。

 買い物が終わったら、いよいよトワと同じホームの10番線に移動です。今回は、キャリーバックもあったので、先に荷物を置きに行きました。荷物を置いて外に出たら、発車10分前でした。40分もあると思っていたのに、意外と残り時間が少ない。車両と同じホームですることは、ヘッドマークや行先、車番などの撮影です。

DSCF4861.jpg
トワイライトエクスプレス、札幌行


 大阪駅で見る札幌行の表示がなんともいいですね。長距離特急が新幹線に置き換わったり、系統分割した現在では、遠い行先もなかなかお目にかかれないです。むしろ、同じ大阪駅でも、高速バスターミナルの方が、遠方の行先地をたくさん見れます。それでも、列車自体も大阪駅は他と比べるとたくさん見られるほうです。

 話がずれましたが、発車間際になったので、車内に戻り、とりあえず自分の寝台に向かいました。今回は、自分を含め友人と三人で乗車することになったので、Bコンパートメント(開放B寝台)に乗車することにしました。もし、トワについて知らない人がいましたら、こちらのページをご覧ください。JR西日本のトワのオリジナルページです。基本的なことは、ここを参考にしてください。トワのいいところは、ソロこそありませんが、一人から多人数まで乗れるところです。多人数といっても基本敵に三人以上はBコンパートメント(以下、Bコン)ですが。

 さて、今回乗るBコンはこちらです。

DSCF4867.jpg
8号車の3,4番の下段


 スリッパが四組並べてありました。寝具は、どこ?と思ったのですが、上段においてありました。

DSCF4865.jpg
8号車の3,4番上段


 上段それぞれに、寝具が二つずつおいてあったので、おそらくこれが下の分かなと。写真とってないので、寝台列車乗ったことない人にはわかりずらいですが、キャリーバックなどの荷物は、通路の上に荷物をおくところがあるので、そこにおいてあります。キャリーバック3個分はおけます。

 荷物を整理していたら、発車時間に。ガコンという客車ながらの音と揺れを感じながら出発しました。大阪駅を出た時点では、次の新大阪を出たら、詳しく放送しますの案内だけでした。大阪駅発車時の、8号車のBコンの乗車率は50パーセントくらいでした。新大阪駅や京都駅からもけっこう乗ってきて最後は各Bコン埋まりましたが、Bコンで一人の人もいました。

 新大阪を出て、車内放送を聞いた後、車内探索に。先に進行方向に歩いていき、先頭の9号車側に。まあ、先頭に車掌室があるだけで、八号車と変わらず。なので、引き返して、一号車の方に。9号車は団体旅行みたいでした。服につけているバッチとかからの判断です。

 隣の7号車にはミニサロン。

DSCF4871.jpg
7号車のミニサロン


 二人掛けのソファーが二つと、机が一つ、それから飲料の自販機と雑誌がおいてあります。Bコンなどの利用でのんびりしたいときはここが便利です。ここは、意外と空いていて人がいないことも多々でした。

DSCF4873.jpg
7号車、ミニサロン 自販機


 ミニサロンにある飲料の自動販売機です。飲料の値段は、写真の通りです。写真が見にくいので、一応書くと、500mL(お茶)が160円で、ミネラルウォーターが130円で、普通の自動販売機の+10円でした。そんなに高くないので、冷たい飲み物が飲みたいときは、車内の自販機で買っても問題ないと思います。

DSCF4874.jpg
7号車 ミニサロン 雑誌(歴史街道)


 ミニサロンには上述の通り、雑誌がラックに置いてあります。よくあるような雑誌や、北海道の観光情報の雑誌、JR時刻表などが置いてあるのですが、その中で異色なのが歴史街道です。私自身、高校生のころにこれをたまに読んでいたので、これをこんなところで目にするとはと、ちょっと驚きました。一瞬、最近の艦これやガルパンブームかと思いましたが、おそらく年配の方も多く乗られるので、そうした方々向けなのかなと推測しています。右上には、JRのハンコが。そして、乗ったのが12月なので、特集が「真珠湾」になっていますね。(知らない方向け:真珠湾攻撃は1941年12月8日)

 そして、一通りミニサロンを見て、4号車のサロンカーへ。混んでました。なので、写真は撮ってないです。このブログちょくちょくこういうところで手抜きしてますね。(笑)

 サロンカーにあるのは、シャワー室が二つと、飲料と食べ物の自販機が一つずつ、雑誌がありました。それから、トワオリジナルのスタンプ(台紙あり)がありました。

 シャワー室については、次々回の話で登場する予定です、先にサロンカーの自販機についてです。

DSCF4880.jpg
4号車サロンカーの自販機


 サロンカーの自販機は、ミニサロンと同じ飲料の自販機の他に、食べ物の自販機がありました。食べ物の自販機といっても、ほとんどおつまみ系のものです。それから、シャワーセットもここで売ってました。

 しかし、張り紙が貼ってありました。

DSCF4879.jpg
7号車、サロンカーの自販機の張り紙


 張り紙には、故障中の文字と、となり三号車で売っている旨が書いてありました。これって、普段から故障中なのかな。初めて、乗ったのでそのあたりのことはわかりませんが。

 それから、サロンカーの雑誌はミニサロンと同じ雑誌が置いてありましたが、基本的に同じ雑誌が二つずつありました。サロンカーは混んでいたので、この後Bコンに戻りました。



 今回は、ここまでにします。すでに乗ってから一月以上たっていますが、年末の放浪記は更新していくつもりです。ちょっと、中途半端なところで話を切りましたが、トワの乗車記はこの後も、続きます。ぜひ見てください。

続きを読む

スポンサーサイト
プロフィール

ながら

Author:ながら
旅行が趣味の社畜です。国内を休みがあるとたまにふらふらしています。

自己紹介などについては、
当ブログについて
をご覧ください。

アニ旅についてはこちら
をご覧ください。

Twitterやってます。
「ながらブログ@NagaraBlog」でブログの更新情報をツイートしてます。
ブログは不定期更新ですので、
フォローお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログへ 鉄道コム

カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
ツイッター
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる