有馬温泉と紅葉

今週は、城崎温泉の話をあげたので、温泉シリーズみたいな感じになってますが、今回は短編です。


これまた、ブログに書くのが遅くなってしまったのですが、11月29日に有馬温泉に行った話を書きます。


 神戸の湊川駅から延びる神戸電鉄の三田方面乗ってないなと思ってふらっと出かけました。大阪の南側から、神戸方面に出かけるには、阪神電車が便利ということで難波に出て、大阪なんばに移動。そうすると、たまたま「しまかぜ」が。


DSCF4643.jpg
大阪なんば駅で、賢島行のしまかぜに遭遇


 入線してすぐ撮影。すぐに手前側のホームには特急が入ってくるので、入線後すぐ撮るか、発車間際の撮影しかできません。しまかぜのあとの快急で、移動。途中、ポートライナーや神戸電鉄の乗りつぶしをして、有馬温泉に。今回は、省略。

 神鉄で有馬温泉駅に行き、目的の銀の湯まで歩く。有馬温泉には、旅館やホテルの内湯のいくつかが、日帰り客でも利用できますが、無難に共同浴場に行くことに。

DSCF4682.jpg
駅から温泉街の途中にある滝?


 駅から歩いてすぐの交差点にある滝のようなもの。しかも、階段を登れば、滝の上に行け、滝の上から階段を下りると滝の裏に行けるという構造になってます。なにげにハイスペック?
 そして、そのまま川に沿って温泉街に進みました。

DSCF4683.jpg
温泉街の手前にある橋のところが紅葉してた


 この写真のところの紅葉は鮮やかの一言です。多くの人が、ここで足を止めて写真を撮っていました。
 とりあえず、金の湯のところまで、歩きました。金の湯はGWの時に入ったので、今回は銀の湯に行くことにしました。金の湯の左側の道から行くことにしました。この道、狭いのに車が通るのでけっこう危ないです。

DSCF4690.jpg
意外とレトロな街並みが残ってる


 道を歩いていくとレトロな雰囲気に。ちょうど、坂になっていることもあってか、鞆の浦を歩いたときの雰囲気に似ています。こうした、道が少し続きます。
 細かい道順は、忘れましたが、案内看板があるので、それをたどっていけば、たどり着くかと。

DSCF4693.jpg
銀の湯


 そして、銀の湯に到着。入浴料は、550円です。ちなみに、金の湯と銀の湯が両方入れるセット券は850円です。金の湯が650円なのを考えると+200円で銀の湯にも入れます。しかも、有効期限が一年らしいので、一か所しか入らなくても次に来たときにも使えます。詳しくはHP、有馬温泉で。というものように詳細はパスします。


 行ってから、書くまでに時間があいたので少し内容が薄いですが、せっかくなので書きました。関西からは比較的近い温泉なので、また行きたいです。


 年内には、もう一回だけ短編を書こうと思うので、見ていただけると幸いです。
スポンサーサイト
プロフィール

ながら

Author:ながら
旅行が趣味の社畜です。国内を休みがあるとたまにふらふらしています。

自己紹介などについては、
当ブログについて
をご覧ください。

アニ旅についてはこちら
をご覧ください。

Twitterやってます。
「ながらブログ@NagaraBlog」でブログの更新情報をツイートしてます。
ブログは不定期更新ですので、
フォローお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログへ 鉄道コム

カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
カテゴリ
ツイッター
最新コメント
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる