関東遠征4~町歩きin大洗~後篇

関東遠征4・前編の続きです。

今回は、「ガルパン」のスタンプラリーをしながら、大洗の町を歩いた話です。

 駅の観光案内所でスタンプラリーの台紙をもらいさっそく歩き始めました。基本的には、商店街から大洗磯前神社にかけて、スタンプ台やガルパンのパネルがあるので、商店街を歩くことに。商店街の西の端にあたるところにあるガソリンスタンド。このGSにも、いくつかガルパン仕様にしてありました。

GP GS
写真は、戦車と洗車をかけて貼ってあるポスター?

 ここから商店街を東に向かって進みます。商店街には各ガルパンキャラクターのパネルや戦車のパネルがあります。基本的には、各商店に一つパネルが置いてあるのですが、ここだけは四つおいてありました。

GP 商店街2

 ちなみに、お休みの商店にはこんなポスターが貼ってありました。

GP 商店街1

 こういった細かい配慮がしてあって、歩くのは楽しかったです。それと、大洗に来るまでにご飯を食べそこねていたのですが、商店街にはいくつかご飯を食べるところがあるので問題なかったです。自分たちは、柳屋食堂でご飯を食べました。ラーメンとかチャーハンとか餃子とかいわゆる普通の食堂です。ご飯食べて、お会計するとガルパンのカンバッチくれました。そのほかにも、商店街で買い物すると特典として、ガルパンのカンバッチをくれるお店がいくつかありました。店によってそうした特典があるなしは書いてないので、注意してください。

 大洗の商店街では、昼食を食べるようなお店以外にも、和菓子屋などがあって小腹がすいたときによってみるといいです。自分もガルパンを見ていたのですが、好きなキャラが「やだもーさん」ということで、「やだもーさん」のパネルの写真を。かわいいですね。

GP 商店街3

 このお店では「さおりんの肉じゃが」が売っていて、食べたかったのですがここまでにお昼を食べたり、買い食いしたりしたせいで、お腹いっぱいで食べれませんでした。代わりと言ってなんですが、四角の反対にあるお茶屋さんで紅茶を飲みながら、休憩することに。200円で、紅茶とお菓子、カンバッチがついてきました。

 他にも、商店街の自販機がガルパン仕様になっていたり、スタンプラリーをしながらぶらぶら歩いたのですが、退屈しませんでした。

GP 自販機
 ガルパン仕様の自販機

 ここには、掲載しませんでしたが他にも、町歩きを楽しませてくれる仕掛けがいろいろありました。立ち寄ったお店も、気軽にお店の人と話せる雰囲気で、やさしかったです。ガルパンファンを大事にしてくれているんだなと思いました。

 ちなみに、スタンプは八つとも集めたのですが、四つで一つになっていてスタンプ台にはヒントがかいてあって、四つのヒントから景品をもらえるところを考えないといけないようになっています。答えは書けませんが、一つはガルパンを見てなくてもわかるようになっているのですが、もう一つはしっかりとガルパンを見ていないとわからないと思います。自分が、ただ忘れていただけですが、そういえばそういう話があったなと友人に言われて思い出しました。

 とりあえず、スタンプはそろったのですが、先に各パネルを見て回ろうと大洗磯前神社まで行きました。神社自体には、パネルはありませんが、神社までの坂が劇中に出ていたのと、神社の絵馬が面白いので一見の価値ありです。とくに絵馬は一つの絵馬をかけるところがほぼガルパン関連になっていたので、ガルパンのイラストを見るだけで楽しかったです。ただ、今もですが「艦これ」が流行っているので、この神社に戦没碑がある「那珂」の絵馬もいくつかありました。「艦これ」熱の冷えぬので、もっと増えていたりして。

 一通り、見終わったので、景品をもらいに。ただ、景品をもらえる場所は、「ここが景品渡し場所」とは、書いてないので、声をかけるのにちょっと勇気が・・。もし、違ったらどうしようと。
 景品を渡してくれる人がいうには、多くの方はスタンプラリーの台紙をもっているので、その人から声をかけるそうです。自分たちは、カバンにしまっていたのが、逆にあだに。ともあれ、景品がもらえてうれしかったです。

 もう一つの方ももらいにいこうとしたのですが、ちょうど閉まったところで、もらえませんでした。まあ、行くのが遅かったので。

 仕方がないので、そのあとアウトレットに。ここも、ガルパンの劇中に出てきたところです。アウトレットモールなので、いろんなお店がありました。ここでは、劇中に出てきたクレープ屋に。普段は、食べないのですが、クレープ屋に行くとなんと「戦車クレープ」と「ほしいもクレープ」とガルパン仕様のクレープがあったので、一つづつ購入。他にも、ガルパン仕様のかき氷が。しかし、ガルパンメニューがあるとは、すごいですね。

GP クレープ屋
お店に貼ってあったガルパンメニュー

 ガルパンクレープは他のクレープより高めですが、買う価値ありです。

GP 戦車クレープ
戦車クレープ ちゃんと砲塔がついてる。

 友人が買ったのがこの戦車クレープ。普段クレープを食べないのでよくわからないのですが、細長いですね。包装紙にはガルパンのキャラが書かれていました。しかも、この包装紙二重になっていて、普通の包装紙の上にまかれているので、すぐに外せばきれいなまま持ち帰れます。「ほしいもクレープ」もこの包装紙です。正直、ほしいもクレープははずれかなと思ったのですが、ほしいもがいいアクセントになっておいしかったです。

 最後に、温泉に入って帰ろうと、最後に「潮騒の湯」に。ここは、歩いていくと少し遠いです。行ったのが、ちょうど土曜の7時ごろということですごい混んでました。ここは、少し離れていますが、ここにも戦車「マウス」のパネルや少しだけガルパンの展示コーナーがあるので、歩いて疲れたあとに行くにはちょうど良いのでは。ここでは、ガルパンセットの入浴料があり、黒森峰仕様のタオルと、温泉の元と入浴料がセットになったものです。タオルを忘れてしまったので、レンタル料も考えるとそんなに変わらないので、これにしました。

 露天風呂からは海が見えるのですが、夜でなにも見えず。ここでは、4人まで500円で駅まで送ってくれるサービスがあるのですが、20時ごろに聞いたら「今日はすでに担当の者が帰っていないです。」と言われました。ちょうど、歩くと列車の時間があいそうなので、タクシーを進められましたが、歩いて帰ることにしました。

 帰る途中、「セイコーマート」に。北海道以外だと関東の一部にしかないセイコーマートなにが売っているのか気になってはいって見るものの、北海道限定商品は売っていませんでした。「ガラナ」は売っていましたが。


歩いてみての感想

 意外と自転車よりも、歩く方がいいかもしれません。特に、大洗や水戸で泊まる場合、自転車は返却時間が16:00なので、時間を気にせず回れます。また、商店街は歩いて回った方が、いろんなお店も見れますし、各パネルも見れるのでいいと思います。徒歩の合計も「潮騒の湯」に行かなければ、そんなに多くないので歩いたほうがいいような気がします。もちろん、短時間で効率よく回りたい場合は自転車の方がいいですが。


 今回で、関東遠征の記事は終わりです。また、次の記事、富山の話を書く予定なので見てください。これは完全に鉄道記事です。ここまで、読んでくださった方、ありがとうございます。今後も、引き続き読んでいただけると嬉しいです。
スポンサーサイト
プロフィール

ながら

Author:ながら
旅行が趣味の社畜です。国内を休みがあるとたまにふらふらしています。

自己紹介などについては、
当ブログについて
をご覧ください。

アニ旅についてはこちら
をご覧ください。

Twitterやってます。
「ながらブログ@NagaraBlog」でブログの更新情報をツイートしてます。
ブログは不定期更新ですので、
フォローお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログへ 鉄道コム

カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
ツイッター
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる