ご注文は誰ですか?ハニトーです!

2014年7月26日の話

ごちうさカフェ

 東京に行く機会があったので、ごちうさカフェに行ってきました。大阪からレンタカーを借りていったのですが、往路は西名阪自動車道以外下道で行ったのでしんどかったです。w

 車は大江戸温泉前の駐車場に止めて、ゆりかもめ→山手線で秋葉原へ行きました。
 
 用事を済ませてから、ごちうさカフェへ。万世橋の方にあるので、電気街から5分くらい歩きます。

 15時ごろに行ったのですが、行列?ができていて、40分待ちでした。店内には4~7人ほど、待つことができ、それ以外は外で待つことになるので、汗だくになりました。

 店外で、30分ほど待ってから、中に入れるようになりました。店内に入るとすぐ、

DSCF8018.jpg
ごちうさボード


 ごちうさのボードがお出迎えしてくれます。

 店内に入っても椅子はなく、立ったまま待ちました。メニューが机に置いてあるので、メニューを見ながら再度何を頼むか考えていました。

DSCF8001.jpgDSCF8002.jpg
ごちうさメニュー


 表面が食べ物になっていて、パフェやハニトーがあります。裏面は飲み物のメニューあり、各キャラをイメージしたものがあります。

 10分ほど待っていると席が空いて、やっと座れるようになりました。

 席に座ると同時にオーダー用紙がもらえて、注文したい数量を紙に書き込みます。

DSCF7999.jpg
オーダー用紙


 用紙に数量を書き込んで、店員さんを呼んで注文完了です。

 今回は友人と二人で行ったので、注文したのはそれぞれ押しキャラのアイスココアとグリーンティーの飲み物と食べ物を一つずつ!

DSCF8005.jpg
ティッピーパン


 見た目もかわいらしいパンです。中にはいちごジャムが入っており、一口食べましたが、おいしかったです。

DSCF8011.jpg
ハニトー


 そして、私が頼んだのはハニトーです。初めて食べます!

 食パン一つ食べるということで、かなりお腹が膨れました。正直、最初はどうやって食べればいいか分かりませんでしたw 普段、こんなおしゃれな食べ物なんか食べませんw

 全部、食べ終わったら、伝票をもってレジでお会計です。レジ横にはこんなボードが。
 
DSCF8016.jpg
ごちうさボード2


 ちなみにごちうさカフェでは、商品一個の注文に付きカードが一個もらえます。2人で四つ頼んだので、一つくらいココアちゃんがあるかと思ったら、まさかのなかったです。orz


東京マルイ


 ごちうさカフェに東京マルイのイベントにも行ったので少しだけ書きます。

 ビルの一階が会場になっていて、エアガンの試し打ち(空うち)ができました。さばげぶっとのコラボグッツがあるらしく覗いたのですが、マグカップだけだったので、特に買わず。

 それから、会場の上にはタペストリーがあって、撮影自由だったので、撮りました。

DSCF7992.jpg
エアガン×女の子


 以上です。


 それでは。
スポンサーサイト

ご注文は誰ですか?りぜです!

2014年6月28日の話。


 今回はアニメ一色な話を書きます。

 関西では27日から28日にかけての夜に「ご注文はうさぎですか?」の最終回を迎えましたが、このまま終わってしまうのも、寂しいので、「ごちうさ13羽」と称して出かけてきました。

 大阪市営地下鉄の一日乗車券を買って、出かけました。中央線に乗って、深江橋で降りるのが早いのですが、名古屋から始発のアーバンライナー(八木乗り換え)で来るフォロワーさんとの合流も兼ねて、高井田駅で待っていました。

 中央線の高井田駅から10分弱歩いて、「金久右衛門本店」に到着します。

DSCF7170.jpg
金久右衛門本店


 駅から、道路沿いを歩いていくとお店はあるのですが、看板はおとなしめなので、分かりにくいのですが、人の列ですぐに遠目からでも店の場所がわかりました。

 店の前にはご注文はうさぎですかの看板がありました。

 9時半ごろ来たのですが、整理券番号は27番でした。30食限定なので、ぎりぎりセーフでした。そして、

DSCF7189.jpg
りぜラーメン完売


 9:45ごろには、完売の看板が立てられました。ポストカードを貰うだけでしたら、もう少し後でも大丈夫です。ただし、ラーメンは限定ラーメンではなく、通常のラーメンです。通常のラーメンもおいしいらしいですが、せっかくなので限定ラーメンも食べないと損ですね。

 中はカウンターが基本ですが、奥に4人がけの座敷テーブルが二つありました。今回は三人だったためか、奥の座敷に案内してもらえました。

 ちなみに注文は並んでいるときに聞かれます。座敷に座って少し待っているとラーメンが運ばれてきました!

DSCF7186.jpg
煌めくリゼのエバーパープル


 リゼをイメージした紫色多めのラーメンです。写真の左側に写っているのは、配布されたポストカードです。リゼをイメージした創作系のラーメンですが、いろいろと趣向が凝らしてありました。

 一番はこれだと思います。りぜちゃんのお供?の

DSCF7185.jpg
コーヒーゼリー


 銃です。従の形を十分に模したコーヒーゼリーです。直前まで凍らせてあったみたいで、ぷるんというよりはシャリっとした食感ですが、おいしかったです。

 他にも、麺が紫色だったり、ハート形のさつまいものチップがあります。いろいろとこだわってあるので、ぜひ食べてみてください。それから、食べた感想ですが、ラーメンというより、盛岡冷麺とかそんなのに近い味や食感かなと思いました。


 ラーメンを食べた後、店を出ると人が並んでいました。「ごちうさ」ラーメンに関係なく人気のある店みたいなので、通常のラーメンを食べに来るのもいいと思います。


 そのあと、少し別のことをしてから、京阪に乗って出町柳に行き、宝ヶ池で撮影をしました。

DSCF7282.jpg
宝ヶ池 ごちうさHM


 この日は叡電のごちうさHMは6月30日までで、両方動くのはこの日が最後だったので、並びの写真を撮りました。

 チノちゃんとココアちゃんです。

 それから、叡電の電車はHMだけではなく、車内にもいくらかごちうさ関連ものを貼っていました。

DSCF7225.jpg
ごちうさ ポスター


 車両の前後にはごちうさのキャラクターのミニポスターが貼ってありました。

 それから優先席のところには

DSCF7215.jpg
叡電 優先席


 いろいろなごちうさのポスターが貼ってありました。貼ってあるものも場所や編成(二編成ある)によって違うようでした。

 一番印象的だったのは、

DSCF7231.jpg
ごちうさ キャラ紹介


 ごちうさのキャラクター紹介の紙が貼ってあることでした。それで、ごちうさについて知らない人もごちうさについて知れるかも?

 それから、試読用なのか、ごうちさの漫画のページがいくつかありました。

DSCF7223.jpg
ごちうさ 試読用?


 真ん中のココアおねーちゃんがかわいいですね。(私はココアおねーちゃん押しです)

 車内の写真は出町柳で撮りました。16時ごろでしたが、列車が着いてすぐは人もいないので、車内を撮影することができました。叡電はよく混むので、土曜日なのによく撮れたなと思いました。

 最後にココアちゃんの話を書いてしまいましたが、今回はりぜちゃんメインで書いてるので、再登場。

DSCF7302.jpg
出町柳駅


 朝食べたラーメン屋のポストカードのリゼちゃんと叡電の写真で締めます。

 ちなみに、このあと大宮の王将に行ったのは別の話。
 大した話じゃないから書かないけどw


 今回はここまでです。

 テレビのクールの変わり目は好きな番組が終わってしまいますが、次の作品を楽しみに待つか、今回のような楽しみ方で、オリジナルの続編ではないですが、作品を楽しむ方法もあるのかもしれません。

 それでは。

2014年GW~マチアソビin徳島~

 5月2日の話。

 今年のゴールデンウィークは尾道に行こうとしていたのですが、フォロワーさんから徳島のマチアソビに誘われたので、初日はアニメイベントに行きました。

 本来なら前日入りするのがいいのだと思いますが、朝一の便で徳島入りすることにしました。大阪から徳島へ行くには鉄道よりもやはり高速バスの方が早いです。そして、値段も安いです。7時ごろに舞子駅の上にあるバスセンターから出発するバスに乗るため、始発に近い時間で大阪を出ました。

 舞子駅を降りて、エレベーターで上に上がると高速バスのバス停があります。高速バスの乗車が初めてということもあり、けっこうわくわくしながら乗りました。w

DSCF6736.jpg
舞子 バス亭


 一番と二番があり、行き先によって乗車場所が異なります。簡素ですが、バス停として整備されています。

DSCF6738.jpg
神姫バス

 待っていると5分遅れでバスが来ました。この日は、利用者が多いみたいで、乗車したバスは二号車でした。それでも満席でした。

DSCF6739.jpg
徳島駅バス亭


 徳島駅でバスを降りて、駅前の道を眉山のほうへ歩いていると、橋の向こうから音楽が。

 今回のマチアソビというイベントは駅の西側を流れる新町川沿いで行われました。

DSCF6740.jpg
新町川

 ここから先はイベントの話を少し書きますが、撮影禁止なので写真はありません。そして、イベントの話なのでただの独り言コーナーです。

 ちょうど、「ノーゲーム・ノーライフ」のOPを歌っている鈴木このみさんのリハが行われていました。早めに徳島に来た分の役得かなと思いました。

 その後、「彼女がフラグを折られたら」の公開録音や「健全ロボダイミダラー」のトークショーを見ました。8:30ごろから並んでいたのにもかかわらず、けっこう前のほうで見れたのは運が良かったです。特に、「がをられ」は「おにあい」のときから気になっていた木戸いぶきちゃんを見れたのでテンションがかなりあがりました。w

 この後いったん、別のステージに移動して「未確認で進行形」のトークショーを見ようとしたのですが、後から来たのでなんとか声優さんたちの顔が見れるくらいの位置にありつけるのが精一杯でしたが、こちらも楽しかった。

 最後に、眉山に登るロープウェーに乗りました。イベント期間中は声優さんによる放送が入るのでそれが目当てです。

 眉山からの景色はイベント関係なくいつ来てもいい景色です。徳島に来たらぜひ訪れてみてください。

DSCF6769.jpg
眉山風景


 眉山から徳島駅のほうの風景です。そして、ロープウェーの麓側はあわおどり会館になっているのですが、たしか毎年ポスターが張ってあります。

DSCF6760.jpg
阿波踊りのポスター verアニメ

 今回は初めてアニメイベントに行ったので、ブログに書いてみました。ライブ行く人の気持ちが少しわかった気がします。徳島のマチアソビは10月もあるみたいなのでまた行きたいです。


 で、この後が大変でした。マチアソとGWが重なって徳島では宿が取れなかったので、とりあえず行程をともにするフォロワーさんと一緒に特急で高松に向かいました。乗り換えの待ち時間の間に高松の宿に何件か電話してみたのですが、空きがなかったので、そのままマリンライナーに乗って岡山に向かいました。
 岡山からフォロワーさんはサンライズで東京に向かうので、別れて岡山で宿探しを継続しました。とりあえず、何件か電話したのですが満室で断られ、駅前のネカフェを探すもどこも満席でした。

 もう公園で寝ようかと思っていたのですが、県庁近くにもネカフェがあるみたいなので歩いて向かいました。そこは、リクライニング席がまだ少し空いていたので、即決しました。7時間のナイトパックで、1600円くらいだったのでそこそこな値段でした。もちろん、シャワー付きでした。

 次は尾道の話を書きます。尾道は鉄道撮影編とアニメ関連編の二本です。それでは。

のうりん見ました。

今回は旅行記などではありません。


自分で書くのもなんですが、珍しくアニメの話を書きます。

今期は、「のうりん」という岐阜県が舞台のアニメやってます。
私がブログを始める前にも、岐阜県が舞台に(一部でも)なっていたのは、記憶を探って、思いつくとこでいくと、

ひぐらしのなくころに
僕は友達が少ない
星空へかける橋
氷菓
電波少女と青春男←これは一話の冒頭だけだった
恋愛ラボ

 といったこところでしょうか?他にもあったら、コメントください。

 いきなりつらつらと書き始めましたが、なんでこんなこと書いているのかというと私が岐阜県出身なので、岐阜が舞台のアニメ頑張れ!と思って書き始めました。

 先に書きますが、今回は本当にどうでもいい話を書きます。普段もしょうもないというつっこみは・・・。



 本題に戻ります。最近は聖地巡礼という言葉もあり、舞台とまちがコラボすること(ガルパンやあの花)があるのですが、岐阜は今のところあまり見られず。唯一やったのが、「氷菓」でした。十六銀行(岐阜の銀行)が経済効果についてプレスリリースしています。→(アニメ「氷菓」聖地巡礼による経済波及効果

 しかし、他のアニメに関しては何かしているのかもしれませんが、特にうわさや話を聞かず。基本的に、大々的に舞台アピールもしていませんし、エンディングロールで協力も出ていなかったはず。「僕は友達が少ない」なんかは、なじみがある?某公園や駅が出ていたり、「恋愛ラボ」も何度か通った本屋や岐阜駅前も陸橋が出てきたのに何のキャンペーンもなく。

 そんな感じで、あまりアニメと大々的にコラボしてきてなかったのですが、今回の「のうりん」は始まる前からPRする場面がちらほら見られます。美濃加茂市長もインタビュー?に答えているみたいですし、長良川鉄道も聖地巡礼の旅の貸切列車を走らせるみたいです.

 なので、岐阜県にもアニメの文化が根付くのではないかと期待しているのです。


 しかし、のうりんは「下ネタ」が多いです。でも、「あの花」や「ガルパン」みたいに、多くの年代が見れるものではないのが欠点です。「たまゆら」なんかも、ほのぼのと家族で見れるものなのですが、やっぱり「のうりん」は家族で見るのは・・・。第一話で、先生のなぞの自画撮りの写真が出てくるなど、上記のような作品と比べるといろいろとNG要素が多い気がします。はたして、「のうりん」がアニメの聖地として根付くのでしょうか?

 今後が非常に楽しみです。


 今回はここまでです。すごいどうでもいい話を書きましたが、のうりんを通じて、美濃加茂市や長良川鉄道に恩恵があればと思ってます。

 次回こそ、トワイライトの乗車記書きます。
プロフィール

ながら

Author:ながら
旅行が趣味の社畜です。国内を休みがあるとたまにふらふらしています。

自己紹介などについては、
当ブログについて
をご覧ください。

アニ旅についてはこちら
をご覧ください。

Twitterやってます。
「ながらブログ@NagaraBlog」でブログの更新情報をツイートしてます。
ブログは不定期更新ですので、
フォローお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログへ 鉄道コム

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
ツイッター
最新コメント
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる