長崎旅行2016~長崎市内(日ぶら編)~

2016年12月3日の話

長崎旅行2016~長崎市内散策(夜ぶら編)~の続きです。

長崎旅行編の最後です。

朝、ワシントンホテルを出るとまとまった雨が降っていました。
ついていないなーと思いつつ、ホテルを出て路面電車に乗ると、まさかの再開がありました。
佐世保編で少し書いたかと思いますが、クルーズバス・ジャズバーで一緒になった方と偶然にも再会しました。せっかくなのでと、ご一緒することにし、オランダ坂へ向かいました。この坂来るの初めてような気がしますが、一度来たことがあるかも・・・。記憶にありません。

IMG_6865.jpg

さすが、日本三大がっかり名所の1つともいわれている通り、ただの「坂」です。長崎に数ある坂の1つです。名前がおしゃれだからでしょうね。
坂を上ったあとは、偶然再会した方がすでにグラバー園に行っていることがわかり、お別れとなりました。偶然ですが、びっくり再会でした。

グラバー園にエレベータで上って、昼の長崎の景色を堪能しました。

IMG_6893.jpg

曇っていましたけど、いい景色でした。
造船の町ということもあり、特に三菱重工の長崎造船所は立派です。

そして、最後に訪れたのはうどん屋「本格五島うどん・味処 ごしま 」です。
みらい長崎ココウォークにあります。都市型のショッピングセンターです。
急遽調べたので、グーグル検索の上位に出てきたお店です。

IMG_6896.jpg

五島うどんのページには複数メニューがありましたが、おすすめの「地獄釜揚うどん」を選択しました。
おなかがすいており、ついつい大盛りを注文してしまいました。

IMG_6899.jpg

「どーん!」
ボリューム満点です。
ちなみに、生卵はお代わり自由です。

特性のたれで食べるもよし、生卵にたれを入れて食べるもよしと、どちらもおいしいです。
ただ、大盛りにすると量が多く、途中から少し飽きが・・・
※おいしいからといって、食べすぎ注意です。

長崎旅行編はこれでおしまいです。
最後の記事は五島うどんがおいしかったので書いたのですが、ちょっと蛇足気味?

最後に、長崎駅で撮影した気動車を

IMG_6907.jpg

豪華列車で有名なある列車です。

IMG_6914.jpg

そして、最後の写真は国鉄色風の気動車の写真で締めくくりたいと思います。
隣の787で博多まで戻り、新幹線で家路につきました。

久しぶりに更新し、長編で書いた長崎編ですが、これで終わりです。
景色よし、味よしとまた行きたいですね。

次も長編を、北東北編を書こうかと思っていますので引き続きよろしくお願いいたします。

以上
スポンサーサイト

長崎旅行2016~長崎市内散策(夜ぶら編)~

2016年12月3日の話

長崎旅行2016~池島炭鉱(後編)~の続きです。

池島炭鉱から長崎市内に移動し、市内を散策するお話です。

夜の写真なので、圧縮かけると余計に画質が悪くなっていますが、雰囲気を感じていただければと思います。
ホテルは繁華街の近く、長崎新地のワシントンホテルにしました。宿に、荷物を置いて、さっそく夜ご飯を探して、
町中を散策です。

IMG_6814.jpg

まずは中華街です。横浜・神戸と並ぶ、日本3大中華街の1つですが、大都市の2つに比べると規模はやや劣るもののお店はたくさんあります。
今回はこの中華街をつっきぬけて、思案橋駅駅に方に進み、路面電車通りを抜けて、目的のお店「ツル茶ん」に到着です。

IMG_6821.jpg

今回食べたいものは「トルコライス」です。とりあえず、ググった結果長崎ではこのお店が有名とでてきたので、入店しました。
このお店、喫茶店なので、21時閉店ということもあり、ホテルについてからすぐに来ました。

IMG_6816.jpg

メニューを見ると、トルコライスだけでも10種類あります!
いろいろ迷いましたが、シンプルにノーマルなトルコライスを選びました。
喫茶店なので、トルコライス以外にも軽食やカレーなどがありますよ。

IMG_6817.jpg

少し待つと、トルコライスが運ばれてきました。
ご飯は白ご飯なのですね。トルコライスのライスはピラフのイメージが強かったのですが、ネットで調べると白ライスのお店もあるみたいです。味はおいしかったです。
カツと、ナポリタンで脂っぽくなったので、最後にデザートで、ミルクセーキを注文しました。

IMG_6819_201711121827281ec.jpg

甘くて、さっぱりしていて、おいしいです。
これは食後用のデザート用のハーフサイズです。ノーマルサイズでもよかったな・・・。

お目当てのトルコライスを食べた後は思案橋の電停から路面電車に乗り、宝町駅から歩いて、ロープウェイ乗り場に来ました。
おすすめはバスです。ロープウェー乗り場の近くまで、バスがでていますが、ただ路面電車に乗りたく、路面電車できました(笑)

IMG_6826.jpg

写真は人がいないタイミングで撮ったので、寂しい感じですが、人でにぎわっていました。
ロープウェーに乗って、稲佐山の展望台に移動します。

冒頭でも、書きましたが、写真では雰囲気しか伝わらないですね。(笑)
三脚も何もないので、画像が荒いです。
夜景の雰囲気とにぎわいだけでも伝わればと思います。

IMG_6837.jpg

IMG_6841.jpg

ちなみに、一人で上ったのですが、展望台にはボランティアのガイドさんがいて、案内をしてくれます。
私が行ったときは土曜日にもかかわらず、しかも”無料”なのに、申し込んだのは私一人だけでした。
地元のおじさんに案内してもらいました。無料で専属のガイドさんがついてくれたみたいで、大変満足です。
他の方はカップルとか家族で来ている人が多いので、申し込まないんでしょうね。たぶん。

写真はガイドが終わったあとに、とったのですが、たまたま案内していただいたガイドさんが同じロープウェーで帰る方角も同じということで、帰りのバスも案内してもらえました。ラッキーです。

このあと、ホテルに戻って、寝るつもりでしたら、思案橋横丁でも行くのと聞かれ、飲み屋の話を聞いてきると、行きたくなりいっぱい一人で飲みに行きました。

IMG_6861.jpg

レトロな感じの飲み屋街です。
焼酎と刺身がおいしかったです。

長崎旅行編、最後に日中のぶらり編で締めくくりたいなと思います。

それでは。

関電トンネルトロリーバス

2017年9月9日の話

8月に立山黒部アルペンルートの関電のトロリーバスが、平成31年に電気バスになるというニュースを見て、乗りに行くことにしました。
本当はアルペンルートの横断を久しぶりにしたかったのですが、時間の都合で、日帰り弾丸ツアーになりました。

今回は車で、大町駅に向かうことにし、往路は高山から中部縦貫道経由で、長野に抜けました。
その際に、立ち寄ったのが梓湖です。奈川渡ダムの建設に伴ってできた人工湖です。

IMG_7677.jpg

岐阜県との県境に近い、長野県のダムなのですが、管轄は東京電力なのだとか。これから行く、黒部ダムも富山と長野の県境で、関西電力管轄と、電力の供給地域の会社とは異なる会社なのも面白いかなと思います。

IMG_7678.jpg

ダムもアーチ式のきれいなダムで、下までの距離が・・・。

IMG_7680.jpg

そして、このダムの一番面白いところはアーチ橋の部分が国道になっていることです。しかも、閑散とした国道ではなく、福井県福井市から、岐阜県の郡上市、高山市を経由して、長野県松本市を結ぶ、中部地方の縦貫道という役目を果たしており、代替の高速道路もないため、大型バスもたくさん行きかっています。

無料駐車場もあるので、ぜひ通る際には立ち寄ってみてください。

立ち寄り話を長く書いてしまいましたが、本題の黒部ダムのトロリーバスに。
いろいろとぐだぐだ寄り道をしていたせいか、扇沢駅に着いた時にはすでに、15時になっていました。
有料の駐車場1000円/日が駅前にありますが、バスに乗ってすぐに帰る予定のため、駅から少し離れている市営の無料駐車場に駐車しました。

IMG_7687.jpg

時間が時間なせいかほとんど人がいませんでした。
一階の切符売り場で、扇沢駅と黒部ダムの往復切符を購入して、2階の改札エリアに。

IMG_7689.jpg

改札口にはトロリーバス乗車累計人数6000万人の看板がありました。7000万に突破は永遠にないと思うとちょっと悲しいですね。

IMG_7692.jpg

シーズンを外した時間のしかも、閑散時間ということもあり、ホームでトロリーバスを撮影する時間がありました。

IMG_7691.jpg

中はいたって普通のバスですね(笑)
発車すると、VVVFインバーターの音がして、バスなのに、電車に乗っている感じが不思議ですね。
関電トンネルトロリーバスの名の通り、乗車区間のほとんどがトンネル区間で、トンネル以外は扇沢駅と出てすぐの区間だけです。
トンネル内は単線で、途中に交換所があります。基本は、扇沢駅から到着したバスが、さきに到着し、その後、黒部ダムを発車したバスが、交換所を通過していくみたいですね。
そして、ここでタブレット交換もあるのは今回初めて知りました。黒部ダム側を出た最後のバス(需要量において複数台が続行運転をしている)がタブレットを持っており、それを扇沢を最初に出たバスに渡していました。何気に、タブレット閉塞なことにびっくりです。

IMG_7700.jpg

せっかく黒部ダムまで来たので、少しだけ観光をw
途中に立ち寄った奈川渡ダムよりもやっぱり大きいです。

IMG_7707.jpg

乗る用もないのですが、対岸までわたるために歩き、ケーブルカーの駅に着きました。
振り返ると、トロリーバスの乗換案内の看板があります。観光地ということもあり、いたるところに乗換案内があるのですが、これも電気バスの変わるときには、すべて交換されるのでしょうか。少し気になるところではあります。
ほんのわずかな滞在後、黒部駅に到着です。

IMG_7710.jpg

ここにも、累計6000万人の看板があります。できれば、このままトロリーバスのリプレースをしてほしかったのです。

IMG_7715.jpg

その後、再び扇沢駅に戻り、2台目以降の到着するバスを撮影していました。

IMG_7717.jpg

新型の電気バスの給電方式は車載パンタグラフ方式なので、扇沢駅ではいままで通りの風景のままなのかと思います。

新しいバスの情報は関電プレスリリースに出ていますので、そちらを参照ください。

今回は日帰りの旅ですが、他にも更新できていない話を書けたらなと思います。

それでは。
プロフィール

ながら

Author:ながら
旅行が趣味の社畜です。国内を休みがあるとたまにふらふらしています。

自己紹介などについては、
当ブログについて
をご覧ください。

アニ旅についてはこちら
をご覧ください。

Twitterやってます。
「ながらブログ@NagaraBlog」でブログの更新情報をツイートしてます。
ブログは不定期更新ですので、
フォローお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログへ 鉄道コム

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
カテゴリ
ツイッター
最新コメント
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる