スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミケ89 一般参加

お久しぶりです。
ながらです。

なかなか、記事の更新がない中、久しぶりの更新はコミケ89の話です。

2014年の夏コミから、ぶらぶらとコミケに行くようになりまして、今回は2,3日目に行きました。
今回はその中で、個人的によかった同人誌を3つ紹介したいと思います。
※そんなにたくさんは買ってないですよw あと、大手壁サークルは回ってませんので。

最初に紹介したいのが、「てつもえ」です。
サークル「虹の卵」さんの同人誌です。
 ⇒HPのリンクに飛んでもらうと分かりますが、昔ながらのシンプルなHPです。その中に、見本が見れるページがあります。

20160103_185359.jpg

鉄道好きの青年と鉄道好きの少女のボーイミーツガールです。言い方、少し古いかもですがw
シンプルなラブコメのストーリーで、鉄道好きでなくても読めるラブコメになっています。各話のなか、もしくは話の最後にその話で触れた鉄道の知識に関する解説があって、予備知識がなくても読めます。この解説がこの本の、いいところかなと。

表紙は別の方が書かれているのですが、中のキャラの絵が少し昔の絵柄になっていて、個人的にはすごく好みですw
サークル「虹の卵」さんのHPで、作品の一部や、最新刊の情報などが見れますので、気になる方はぜひ公式のHPに。

ちなみに今回、私が買ったのは総集編の1と2です。各総集編ごとに、4話づつ既刊の作品が掲載されていています。総集編の方が買う冊数が少なくなるのと、きちんと製本されているので、おすすめですよ。まだ、総集編の3はでていまでんが、単体では3に掲載される分は発刊されています。


次に紹介したいのが、「探訪路」です。
サークル「舞台探訪者コミュニティ」さんの同人誌です。
 ⇒HPには、舞台探訪コミュニティさんの紹介や、各種舞台探訪をさせている方のリンクがあります。

20160103_185608.jpg

アニメなどの舞台を探訪する人向けの総合合同同人誌です。
アニメの舞台を回る際に、ネットで「(アニメ名)×(舞台/聖地)」で、検索をかける方も多いと思いますが、その際に出てくるブログはこの舞台探訪コミュニティに所属されている方もものも多いです。
私自身もブログには多くの写真を掲載していますが、今回のVol.1の特集は「機材×探訪」ということで、舞台めぐりの際の機材特集です。私自身の撮影は大雑把なところが多いですが、どういう機材を使うのがいいのか参考になる本でした。

舞台探訪についてぎゅっと濃縮された一冊だと思います。


最後に紹介したいのが、「ちびねこちまぎゃらりぃ」です。
サークル「ちびねこプリンス/一ノ瀬いぶき」さんの同人誌です。
⇒HPは見当たりませんでしたが、ツイッター「@chibinekousa」で、掲載しているみたいです。

20160103_185645.jpg

Twitterで夜に見かける、#お絵かき60分一本勝負 などのイラストをまとめた同人誌です。私自身、艦これはアニメでしか見ていないのですが、非常にかわいらしい艦これのキャラクターのイラスト本で、ついつい買ってしまいました。すでに、ワンドローイラストレーションの1巻は売り切れで、増刷もないとのこと。2,3巻と新作の上記の写真のものを購入しました。

LINEの意識したイラストがどれもかわいらしいです。


以上で、コミケで私がふらっとよって購入した同人誌のおすすめ作品です。
虎の穴とかで、再販・委託しているのかわかりませんが、ぜひ次のC90に行く際の参考に。

それでは。
スポンサーサイト

新年のご挨拶 2016年

プレゼンテーション1
本年も「ながら」、「ながらブログ」
ともによろしくお願いします。


弊ブログもおかげさまで3回目の新年を迎えるとこができました。
4月からは記事の更新が少ない、むしろほぼ更新がなく、申し訳ありませんでした。本年も引き続きブログを書き続けていきたいとは思っていますので、よろしくお願いします。

私自身も昨年から働くようになって、ブログの更新は続けていくつもりだったのですが、5月以降いっさい更新せずに年を越してしまいました。改めて、年末に今後はどうしようか考えていましたが、なんとか続けていきたいとは思っています。まあ、無理して続けても読んでくれる方がどのくらいいるのか・・・w

私自身の日記のようなブログですが、皆様も旅行や日々のなにかしらの参考になることを願って。

奥飛騨から能登半島へ

2015年5月3日

前回の続きで、温泉宿の朝ごはんの話と能登半島の話前編を書きます。
今回も道の駅を回りつつ、ぶらりと能登半島を回りました。


最初は前回に引き続き、宿泊していた旅館の「湯庄 福地館」の話です。
朝起きて、朝風呂に入ってから、7:30に朝食でした。

CAM02311.jpg
いろり


朝の会場はいろりの間でした。この部屋、3組までしか入れないみたいで、ここで食べれるのは運なのですかね。昨晩はここの部屋ではなかったですし。まあ、どこで食べてもご飯がおいしいことに変わりはないですがw

前日に引き続き、ご飯の写真はスマホで撮ったので、粗いままです。写真で、見るよりもっとおいしそうです。

CAM02309.jpg
朝食

 鮎の甘露煮に、漬物、とろろとご飯に合うものがたくさんです。ご飯が進みます。

CAM02310.jpg
朴葉味噌


 そして、メインのおかずは朴葉味噌。これが、ご飯とすごく合うんです。
 これだけ、おかずも充実していてご飯が進むのですが、さすがに途中でお腹いっぱいに。量としては十分すぎるほどでした。

 8:30ごろに宿を出て、道の駅、奥飛騨温泉郷上宝、宙ドーム神岡によって、スタンプを集めて、国道41号経由で富山へ向かいました。そして、富山に入って、最初の道の駅、細入で休憩。道の駅のスタンプは東海版だけのつもりだったのですが、ついつい北陸版も買ってしまいました。

 そして、41号を北上し、富山IC~北陸、能越自動車道~高岡IC~ここは無料~氷見ICと有料道を使って、能登半島へ。そして、国道415号で羽咋に抜け、千里浜へ!

IMG_5128.jpg
千里浜


 ということで、海に!ここは、ガイドブックにもよく乗っている鉄板の観光地、千里浜です。ご存知の方も多いのでは?ここは砂浜を走ることができる道路として、有名です。ドライブにはもってこいです。ただ、

IMG_5133.jpg
千里浜 なぎさドライブウェー


 写真の通りでGWということもあり、とにかく車、車で、海と砂浜の間に車の防波堤ができていました。この写真は、並走するのと里山海道の志雄PAからのものです。走る車からの景色目線では、海が見えずに車ばかりが見えました。ちょっと、残念でした。こういうところはオフシーズンがいいですねw

 ここで、なぜか一時間ほど砂遊びをした後、再び車で北上し、道の駅、ころ柿の里しか(ここでお昼を食べました。かつ丼ですw)により、巌門へ、県道36号線経由で、向かいました。早く行くだけなら、国道249号経由の方が早いのですが、36号で行き南側の入り口から入るとこんな光景が。

IMG_5136.jpg
巌門


県道36号から側道に入り、進んでいると、左手に巌門が見えてきます。道は狭く、基本路駐ができないのですが、この景色をとったところには車を止めれるスペースがありました。上から見れることはなかなか旅行雑誌にも書いてないと思うのでおすすめですよ。

ここからさらに進むと駐車場があります。GWで車が若干溢れていましたが、運よく空いたのでとめれました。旅行シーズン以外は駐車場に困らないと思います。駐車場から森を抜けて、海まで階段を降りていくと、こんな感じの景色が。

IMG_5138.jpg
巌門 海


私は知らなかったのですが、ここは有名な観光地みたいで、お店とかも出ていましたよ。飲食もできます。

IMG_5140.jpg
洞門


そして、ここが一番有名な洞門です。洞門の先には日本海が見えます。写真にはほんの少ししか写っていませんが、ここは遊覧船も出ていて、船からも日本海かこの洞門を見ることができます。また、この洞門だけでなく、海や森の散策もでき、のんびりと過ごせはすぐに時間が経ってしまいます。


このあと、再び、国道249号で北上するのですが、それは次回ということで。
次回は日本一長いベンチや輪島、千枚田を紹介します。この能登旅は次回で最終回なので、ぜひ最後までお付き合いください。

それでは。
プロフィール

ながら

Author:ながら
旅行が趣味の学生です。公共交通を利用し、国内を旅してます。

自己紹介などについては、
当ブログについて
をご覧ください。

アニ旅についてはこちら
をご覧ください。

Twitterやってます。
「ながらブログ@NagaraBlog」でブログの更新情報をツイートしてます。
ブログは不定期更新ですので、
フォローお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログへ 鉄道コム

カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
ツイッター
カテゴリ
最新コメント
FC2カウンター
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。